Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

8.2. コマンドラインインターフェイスを使用した Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) の作成

コマンドラインインターフェイスを使用して Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) を作成する場合、設定マップとシークレットを取得します。これらには、アプリケーションがオブジェクトストレージサービスを使用するために必要なすべての情報が含まれます。

前提条件

  • MCG コマンドラインインターフェイスをダウンロードします。

    # subscription-manager repos --enable=rh-ocs-4-for-rhel-8-x86_64-rpms
    # yum install mcg
    注記

    サブスクリプションマネージャーを使用してリポジトリーを有効にするための適切なアーキテクチャーを指定します。たとえば、以下のようになります。

    • IBM Power Systems の場合は、以下のコマンドを使用します。
    # subscription-manager repos --enable=rh-ocs-4-for-rhel-8-ppc64le-rpms
    • IBM Z インフラストラクチャーの場合は、以下のコマンドを使用します。
    # subscription-manager repos --enable=rh-ocs-4-for-rhel-8-s390x-rpms

手順

  1. コマンドラインインターフェイスを使用して、新規バケットおよび認証情報の詳細を生成します。以下のコマンドを実行します。

    # noobaa obc create <obc-name> -n openshift-storage

    <obc-name> を一意の Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) の名前に置き換えます (例: myappobc)。

    さらに、--app-namespace オプションを使用して、Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) 設定マップおよびシークレットが作成される namespace を指定できます (例: myapp-namespace)。

    出力例:

    INFO[0001] ✅ Created: ObjectBucketClaim "test21obc"

    MCG コマンドラインインターフェイスが必要な設定を作成し、新規 OBC について OpenShift に通知します。

  2. 以下のコマンドを実行して Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) を表示します。

    # oc get obc -n openshift-storage

    出力例:

    NAME        STORAGE-CLASS                 PHASE   AGE
    test21obc   openshift-storage.noobaa.io   Bound   38s
  3. 以下のコマンドを実行して、新規 Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) の YAML ファイルを表示します。

    # oc get obc test21obc -o yaml -n openshift-storage

    出力例:

    apiVersion: objectbucket.io/v1alpha1
    kind: ObjectBucketClaim
    metadata:
      creationTimestamp: "2019-10-24T13:30:07Z"
      finalizers:
      - objectbucket.io/finalizer
      generation: 2
      labels:
        app: noobaa
        bucket-provisioner: openshift-storage.noobaa.io-obc
        noobaa-domain: openshift-storage.noobaa.io
      name: test21obc
      namespace: openshift-storage
      resourceVersion: "40756"
      selfLink: /apis/objectbucket.io/v1alpha1/namespaces/openshift-storage/objectbucketclaims/test21obc
      uid: 64f04cba-f662-11e9-bc3c-0295250841af
    spec:
      ObjectBucketName: obc-openshift-storage-test21obc
      bucketName: test21obc-933348a6-e267-4f82-82f1-e59bf4fe3bb4
      generateBucketName: test21obc
      storageClassName: openshift-storage.noobaa.io
    status:
      phase: Bound
  4. openshift-storage namespace 内で、設定マップおよびシークレットを見つけ、この Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) を使用することができます。CM とシークレットの名前はこの Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求) の名前と同じです。シークレットを表示するには、以下を実行します。

    # oc get -n openshift-storage secret test21obc -o yaml

    出力例:

    Example output:
    apiVersion: v1
    data:
      AWS_ACCESS_KEY_ID: c0M0R2xVanF3ODR3bHBkVW94cmY=
      AWS_SECRET_ACCESS_KEY: Wi9kcFluSWxHRzlWaFlzNk1hc0xma2JXcjM1MVhqa051SlBleXpmOQ==
    kind: Secret
    metadata:
      creationTimestamp: "2019-10-24T13:30:07Z"
      finalizers:
      - objectbucket.io/finalizer
      labels:
        app: noobaa
        bucket-provisioner: openshift-storage.noobaa.io-obc
        noobaa-domain: openshift-storage.noobaa.io
      name: test21obc
      namespace: openshift-storage
      ownerReferences:
      - apiVersion: objectbucket.io/v1alpha1
        blockOwnerDeletion: true
        controller: true
        kind: ObjectBucketClaim
        name: test21obc
        uid: 64f04cba-f662-11e9-bc3c-0295250841af
      resourceVersion: "40751"
      selfLink: /api/v1/namespaces/openshift-storage/secrets/test21obc
      uid: 65117c1c-f662-11e9-9094-0a5305de57bb
    type: Opaque

    シークレットは S3 アクセス認証情報を提供します。

  5. 設定マップを表示するには、以下を実行します。

    # oc get -n openshift-storage cm test21obc -o yaml

    出力例:

    apiVersion: v1
    data:
      BUCKET_HOST: 10.0.171.35
      BUCKET_NAME: test21obc-933348a6-e267-4f82-82f1-e59bf4fe3bb4
      BUCKET_PORT: "31242"
      BUCKET_REGION: ""
      BUCKET_SUBREGION: ""
    kind: ConfigMap
    metadata:
      creationTimestamp: "2019-10-24T13:30:07Z"
      finalizers:
      - objectbucket.io/finalizer
      labels:
        app: noobaa
        bucket-provisioner: openshift-storage.noobaa.io-obc
        noobaa-domain: openshift-storage.noobaa.io
      name: test21obc
      namespace: openshift-storage
      ownerReferences:
      - apiVersion: objectbucket.io/v1alpha1
        blockOwnerDeletion: true
        controller: true
        kind: ObjectBucketClaim
        name: test21obc
        uid: 64f04cba-f662-11e9-bc3c-0295250841af
      resourceVersion: "40752"
      selfLink: /api/v1/namespaces/openshift-storage/configmaps/test21obc
      uid: 651c6501-f662-11e9-9094-0a5305de57bb

    設定マップには、アプリケーションの S3 エンドポイント情報が含まれます。