Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3. OpenShift Container Platform ユーザーインターフェイスを使用した namespace バケットの追加

OpenShift Container Storage 4.8 のリリースでは、namespace バケットは OpenShift Container Platform ユーザーインターフェイスを使用して追加できます。namespace バケットについての詳細は、namespace バケットの管理 について参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Storage Operator を使用した OpenShift Container Platform のインストール
  • Multicloud Object Gateway へのアクセス。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. OpenShift Web コンソールの左側のペインで Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。
  3. OpenShift Container Storage Operator をクリックします。表示されない場合は、すべてのプロジェクト または openshift-storage namespace に移動します。
  4. Namespace Store タブをクリックして、namespace バケットで使用される namespacestore リソースを作成します。
  5. Namespace Store ページで、以下を実行します。

    1. Create namespace store をクリックします。
    2. namespacestore 名を入力します。
    3. プロバイダーを選択します。
    4. リージョンを選択します。
    5. 既存のシークレットを選択するか、Switch to credentials をクリックして、シークレットキーおよびシークレットアクセスキーを入力してシークレットを作成します。
    6. ターゲットバケットを選択します。
    7. Create をクリックします。
    8. namespacestore が Ready 状態にあることを確認します。
    9. 必要なリソースの量になるまで繰り返します。
  6. Bucket Class タブをクリックします。
  7. Create a new Bucket Class をクリックします。
  8. Create a new Bucket Class ページで、以下を実行します。

    1. Namespace ラジオボタンを選択します。
    2. Bucket Class 名を入力します。
    3. 説明 (オプション) を追加します。
    4. Next をクリックします。
  9. 次のページで、namespace バケットの namespace ポリシータイプを選択し、Next をクリックします。
  10. ターゲットリソースを選択します。

    • Namespace ポリシータイプが Single の場合、読み取りリソースを選択する必要があります。
    • namespace ポリシータイプが Multi の場合、読み取りリソースおよび書き込みリソースを選択する必要があります。
    • namespace ポリシータイプが Cache の場合は、namespace バケットの読み取りおよび書き込みターゲットを定義する Hub namespace ストアを選択する必要があります。
  11. Next をクリックします。
  12. 新しいバケットクラスを確認してから Create Bucketclass をクリックします。
  13. BucketClass ページで、新たに作成されたリソースが Created フェーズにあることを確認します。
  14. OpenShift コンソールで、StorageOverview をクリックし、 Object タブをクリックします。
  15. Multicloud Object Gateway をクリックします。
  16. Buckets をクリックし、Namespace Buckets タブをクリックします。
  17. Create Namespace Bucket をクリックします。

    1. Choose Name タブで、namespace バケットの Name を指定し、Next をクリックします。
    2. Set Placement タブで、以下を実行します。

      1. Read Policy で、namespace バケットがデータの読み取りに使用する、ステップ 5 で作成した各 namespace リソースのチェックボックスを選択します。
      2. 使用している namespace ポリシータイプが Multi の場合、Write Policy の場合は、namespace バケットがデータを書き込む namespace リソースを指定します。
      3. Next をクリックします。
    3. Create をクリックします。

検証

  • namespace バケットが State 列の緑色のチェックマークと、予想される読み取りリソースの数、および予想される書き込みリソース名と共に一覧表示されていることを確認します。