第12章 ボリュームのクローン作成

クローンは、標準のボリュームとして使用される既存のストレージボリュームの複製です。ボリュームのクローンを作成し、データの特定の時点のコピーを作成します。Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)は別のサイズでクローンできません。CephFS および RADOS Block Device(RBD)の両方で、PVC ごとに最大 512 のクローンを作成できます。

12.1. クローンの作成

前提条件

  • ソース PVC は Bound 状態にある必要があり、使用中の状態にすることはできません。
注記

Pod が PVC を使用している場合は、PVC のクローンを作成しないでください。これを実行すると、PVC が一時停止 (停止) されないため、データが破損する可能性があります。

手順

  1. OpenShift Web コンソールから、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
  2. クローンを作成するには、以下のいずれかを実行します。

    • 必要な PVC の横にある Action メニュー (⋮)Clone PVC をクリックします。
    • クローンを作成する PVC をクリックし、ActionsClone PVC をクリックします。
  3. クローンの Name を入力します。
  4. 任意のアクセスモードを選択します。

    重要

    ReadOnlyMany(ROX)アクセスモードは Developer プレビュー機能であり、Developer プレビューのサポート制限の対象となります。Developer プレビューリリースは、実稼働環境で実行することは意図されておらず、Red Hat カスタマーポータルのケース管理システムではサポートされません。ReadOnlyMany 機能に関してサポートが必要な場合には 、ocs-devpreview@redhat.com メーリングリストに連絡してください。Red Hat Development Team のメンバーが稼働状況とスケジュールに応じて可能な限り迅速に対応します。ROX アクセスモードの使用については、「Creating a clone or restoring a snapshot with the new readonly access mode」について参照してください。

  5. Clone をクリックします。新規 PVC の詳細ページにリダイレクトされます。
  6. クローン作成された PVC のステータスが Bound になるまで待機します。

    クローン作成された PVC が Pod で使用できるようになります。このクローン作成された PVC は dataSource PVC とは切り離されています。