3.3. 外部モードの OpenShift Container Storage インストールの確認

このセクションを使用して、OpenShift Container Storage が正常にデプロイされていることを確認します。

3.3.1. Pod の状態の確認

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads → Pods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

    各コンポーネントについて予想される Pod 数や、これがノード数によってどのように異なるかの詳細は、表3.1「OpenShift Container Storage コンポーネントに対応する Pod」 を参照してください。

  3. 以下の Pod が実行されていることを確認します。

    表3.1 OpenShift Container Storage コンポーネントに対応する Pod

    コンポーネント対応する Pod

    OpenShift Container Storage Operator

    • ocs-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • ocs-metrics-exporter-*

    Rook-ceph Operator

    rook-ceph-operator-*

    (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    Multicloud Object Gateway

    • noobaa-operator-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-core-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • nooba-db-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)
    • noobaa-endpoint-* (任意のワーカーノードに 1 Pod)

    CSI

    • cephfs

      • csi-cephfsplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-cephfsplugin-provisioner-* (ワーカーノードに分散する 2 Pod)
    注記

    MDS が外部クラスターにデプロイされていない場合、csi-cephfsplugin Pod は作成されません。

    • rbd

      • csi-rbdplugin-* (各ワーカーノードに 1 Pod)
      • csi-rbdplugin-provisioner-* (ストレージノードに分散する 2 Pod)