9.11. MultiCloud Object Gateway エンドポイントの自動スケーリング

OpenShift Container Storage バージョン 4.6 の時点で、MultiCloud Object Gateway S3 サービスの負荷が増減すると、MultiCloud Object Gateway エンドポイントの数が自動的にスケーリングされます。OpenShift Container Storage 4.6 クラスターは、アクティブな MultiCloud Object Gateway エンドポイントを 1 つ使用してデプロイされます。MultiCloud Object Gateway エンドポイント Pod はそれぞれ、デフォルトで 1 CPU および 2Gi メモリー要求で、要求に一致する制限で設定されます。エンドポイントの CPU 負荷が一貫した期間、使用率 80% のしきい値を超えると、2 番目のエンドポイントがデプロイされ、最初のエンドポイントの負荷を軽減します。両方のエンドポイントの平均 CPU 負荷が、一貫した期間 80% のしきい値を下回ると、エンドポイントの 1 つが削除されます。この機能により、MultiCloud Object Gateway のパフォーマンスおよび保守性が向上します。