第1章 OpenShift Container Storage のデプロイの準備

動的ストレージデバイスを使用して OpenShift Container Storage を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成するオプションが提供されます。これにより、ベースサービスの内部プロビジョニングが可能になり、追加のストレージクラスをアプリケーションで使用可能にすることができます。

OpenShift Container Storage のデプロイを開始する前に、以下を実行します。

  1. 外部の鍵管理システム(KMS)で、以下を実行します。

  2. ノードの最小要件 [テクノロジープレビュー]

    OpenShift Container Storage クラスターは、標準のデプロイメントリソース要件を満たしていない場合に、最小の設定でデプロイされます。『 プランニングガイド』の「リソース要件 」のセクションを参照してください。

1.1. Vault でのキー値のバックエンドパスおよびポリシーの有効化

前提条件

  • Vault への管理者アクセス。
  • 後で変更できないため、命名規則に従う バックエンドパス として一意のパス名を選択します。

手順

  1. Vault で Key/Value (KV) バックエンドパスを有効にします。

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 1 を使用します。

    $ vault secrets enable -path=ocs kv

    Vault KV シークレットエンジン API の場合は、バージョン 2 です。

    $ vault secrets enable -path=ocs kv-v2
  2. 以下のコマンドを使用して、シークレットでの書き込み操作または削除操作の実行をユーザーを制限するポリシーを作成します。

    echo '
    path "ocs/*" {
      capabilities = ["create", "read", "update", "delete", "list"]
    }
    path "sys/mounts" {
    capabilities = ["read"]
    }'| vault policy write ocs -
  3. 上記のポリシーに一致するトークンを作成します。

    $ vault token create -policy=ocs -format json