第4章 テクノロジープレビュー

テクノロジープレビュー機能は、カスタマーポータルの「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」で詳細に説明されているように制限されたサポート範囲で提供されます。

このセクションでは、テクノロジープレビューのサポート制限に基づいて、Red Hat OpenShift Container Storage 4.8 で導入されたテクノロジープレビュー機能について説明します。

Arbiter を使用した障害復旧

今回のリリースにより、Red Hat OpenShift Container Storage は、ストレージクラスターの作成時に、3 番目のゾーンを arbiter の場所とした上で、単一クラスターを 2 つのゾーンに展開できるように Metro-DR ストレッドクラスター (arbiter) 機能を提供するようになりました。

詳細は、『デプロイメントプランニング』ガイドの障害復旧について参照してください。

マルチネットワークプラグイン (Multus) のサポート

ネットワークの分離によるセキュリティーとパフォーマンスを向上させるためにマルチコンテナーネットワークプラグイン (multus) を使用する機能をサポートします。この機能は、ベアメタルおよび VMWare デプロイメントでのみテストされています。multus の詳細は、「Multi network plug-in (Multus) support」を参照してください。

注記

プラグイン Pod を削除すると、ノードの再起動が実行されるまでデータにアクセスできません。これは既知の問題です。詳細は、プラグイン Pod が削除されると、ノードの再起動が行われるまでデータはアクセス不可能になります。 を参照してください。