Menu Close

第9章 外部モードでの CephFS PVC 作成のトラブルシューティング

Red Hat Ceph Storage クラスターを 4.1.1 以前のバージョンから最新リリースに更新し、これが新規にデプロイされたクラスターではない場合は、Red Hat Ceph Storage クラスターで CephFS プールのアプリケーションタイプを手動で設定し、外部モードで CephFS PVC の作成を有効にする必要があります。

  1. CephFS pvc が Pending ステータスで停止しているかどうかを確認します。

    # oc get pvc -n <namespace>

    出力例:

    NAME                      STATUS    VOLUME
    CAPACITY  ACCESS MODES    STORAGECLASS                        AGE
    ngx-fs-pxknkcix20-pod     Pending
                              ocs-external-storagecluster-cephfs  28h
    [...]
  2. describe 出力を確認し、それぞれの pvc のイベントを表示します。

    予想されるエラーメッセージはcephfs_metadata/csi.volumes.default/csi.volume.pvc-xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx: (1) Operation not permitted) です。

    # oc describe pvc ngx-fs-pxknkcix20-pod -n nginx-file

    出力例:

    Name:          ngx-fs-pxknkcix20-pod
    Namespace:     nginx-file
    StorageClass:  ocs-external-storagecluster-cephfs
    Status:        Pending
    Volume:
    Labels:        <none>
    Annotations:   volume.beta.kubernetes.io/storage-provisioner: openshift-storage.cephfs.csi.ceph.com
    Finalizers:    [kubernetes.io/pvc-protection]
    Capacity:
    Access Modes:
    VolumeMode:    Filesystem
    Mounted By:    ngx-fs-oyoe047v2bn2ka42jfgg-pod-hqhzf
    Events:
     Type     Reason              Age                   From                                                                                                                      Message
     ----     ------              ----                  ----                                                                                                                      -------
     Warning  ProvisioningFailed  107m (x245 over 22h)  openshift-storage.cephfs.csi.ceph.com_csi-cephfsplugin-provisioner-5f8b66cc96-hvcqp_6b7044af-c904-4795-9ce5-bf0cf63cc4a4
     (combined from similar events): failed to provision volume with StorageClass "ocs-external-storagecluster-cephfs": rpc error: code = Internal desc = error (an error (exit status 1) occurred while
     running rados args: [-m 192.168.13.212:6789,192.168.13.211:6789,192.168.13.213:6789 --id csi-cephfs-provisioner --keyfile=stripped -c /etc/ceph/ceph.conf -p cephfs_metadata getomapval
     csi.volumes.default csi.volume.pvc-1ac0c6e6-9428-445d-bbd6-1284d54ddb47 /tmp/omap-get-186436239 --namespace=csi]) occurred, command output streams is ( error getting omap value
     cephfs_metadata/csi.volumes.default/csi.volume.pvc-1ac0c6e6-9428-445d-bbd6-1284d54ddb47: (1) Operation not permitted)
  3. <cephfs metadata pool name> (ここでは cephfs_metadata ) および <cephfs data pool name> (ここでは cephfs_data) の設定を確認します。コマンドを実行するには、jq を Red Hat Ceph Storage クライアントノードに事前にインストールする必要があります。

    # ceph osd pool ls detail --format=json | jq '.[] | select(.pool_name| startswith("cephfs")) | .pool_name, .application_metadata' "cephfs_data"
    {
      "cephfs": {}
    }
    "cephfs_metadata"
    {
       "cephfs": {}
    }
  4. CephFS プールのアプリケーションタイプを設定します。

    • Red Hat Ceph Storage クライアントノードで以下のコマンドを実行します。

      # ceph osd pool application set <cephfs metadata pool name> cephfs metadata cephfs
      # ceph osd pool application set <cephfs data pool name> cephfs data cephfs
  5. 設定が適用されているかどうかを確認します。

     # ceph osd pool ls detail --format=json | jq '.[] | select(.pool_name| startswith("cephfs")) | .pool_name, .application_metadata' "cephfs_data"
      {
        "cephfs": {
          "data": "cephfs"
       }
      }
      "cephfs_metadata"
      {
        "cephfs": {
          "metadata": "cephfs"
        }
      }
  6. CephFS PVC のステータスを再度確認します。PVC が Bound 状態になるはずです。

    # oc get pvc -n <namespace>

    出力例:

    NAME                      STATUS    VOLUME
    CAPACITY  ACCESS MODES    STORAGECLASS                        AGE
    ngx-fs-pxknkcix20-pod     Bound     pvc-1ac0c6e6-9428-445d-bbd6-1284d54ddb47
    1Mi       RWO             ocs-external-storagecluster-cephfs  29h
    [...]