Menu Close

第2章 must-gather を使用したログファイルおよび診断情報のダウンロード

Red Hat OpenShift Container Storage が問題を自動的に解決できない場合、must-gather ツールを使用してログファイルと診断情報を収集し、お客様または Red Hat サポートが問題を確認し、解決策を判別できるようにします。

重要

OpenShift Container Storage が外部モードでデプロイされる場合には、must-gather は Red Hat OpenShift Container Storage クラスターからのみログを収集し、外部 Red Hat Ceph Storage クラスターからデバッグデータおよびログを収集しません。外部の Red Hat Ceph Storage クラスターからデバッグログを収集するには、Red Hat Ceph Storage の トラブルシューティングガイドを参照するか、または Red Hat Ceph Storage の管理者にお問い合わせください。

手順

  • OpenShift Container Storage クラスターに接続されているクライアントから must-gather コマンドを実行します。

    $ oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/ocs4/ocs-must-gather-rhel8:v4.7 --dest-dir=<directory-name>

    これにより、指定されたディレクトリーに以下の情報が収集されます。

    • すべての OpenShift Container Storage クラスター関連のカスタムリソース (CR) とそれらの namespace。
    • すべての OpenShift Container Storage 関連の Pod の Pod ログ。
    • ステータス、クラスターの正常性などの一部の標準的な Ceph コマンドの出力。

コマンドの差異

  • 状態が Ready ではないマスターノードが 1 つ以上ある場合には、must-gather Pod を安全にスケジュールできるように --node-name を使用して Ready のマスターノードを指定します。

    $ oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/ocs4/ocs-must-gather-rhel8:v4.7 --dest-dir=<directory-name> --node-name=<node-name>
  • 特定の時点から情報を収集する場合は、以下を行います。

    • たとえば 5 秒以内または 2 日以内に収集されたログの相対的な期間を指定するには、/usr/bin/gather since=<duration> を追加します。

      $ oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/ocs4/ocs-must-gather-rhel8:v4.7 --dest-dir=<directory-name> /usr/bin/gather since=<duration>
    • その後にログを収集する特定の時間を指定するには、/usr/bin/gather since-time=<rfc3339-timestamp> を追加します。

      $ oc adm must-gather --image=registry.redhat.io/ocs4/ocs-must-gather-rhel8:v4.7 --dest-dir=<directory-name> /usr/bin/gather since-time=<rfc3339-timestamp>

    以下のように、これらのコマンドのサンプルの値を置き換えます。

    <node-name>
    状態が Ready ではないマスターノードが 1 つ以上ある場合には、このパラメーターを使用して、状態がまだ Ready のマスターノード名を指定します。これにより、must-gather Pod が準備状態にないマスターノードにスケジュールされないようにすることで、スケジューリングエラーを回避します。
    <directory-name>
    must-gather によって収集される情報を保存するディレクトリー。
    <duration>
    5h (5 時間前から開始する) など、相対的な期間として情報を収集する期間 (の開始点) を指定します。
    <rfc3339-timestamp>
    2020-11-10T04:00:00+00:00 (2020 年 11 月 11 日の 4am UTC から開始する) など、RFC 3339 タイムスタンプとして情報を収集する期間 (の開始点) を指定します。