Menu Close

第3章 トラブルシューティングに共通して必要になるログ

OpenShift Container Storage のトラブルシューティングに共通して使用されるログの一部と、それらを生成するコマンドが一覧表示されます。

  • 特定 Pod のログを生成します。

     $ oc logs <pod-name> -n <namespace>
  • Ceph または OpenShift Container Storage クラスターのログを生成します。

    $ oc logs rook-ceph-operator-<ID> -n openshift-storage
  • cephfs または rbd などのプラグイン Pod のログを生成し、app-pod の PVC マウントで問題を検出します。

    $ oc logs csi-cephfsplugin-<ID> -n openshift-storage -c csi-cephfsplugin
    $ oc logs csi-rbdplugin-<ID> -n openshift-storage -c csi-rbdplugin
    • CSI Pod のすべてのコンテナーのログを生成するには、以下を実行します。

      $ oc logs csi-cephfsplugin-<ID> -n openshift-storage --all-containers
      $ oc logs csi-rbdplugin-<ID> -n openshift-storage --all-containers
  • PVC が BOUND 状態にない場合に問題を検出するために、cephfs または rbd プロビジョナー Pod のログを生成します。

    $ oc logs csi-cephfsplugin-provisioner-<ID> -n openshift-storage -c csi-cephfsplugin
    $ oc logs csi-rbdplugin-provisioner-<ID> -n openshift-storage -c csi-rbdplugin
    • CSI Pod のすべてのコンテナーのログを生成するには、以下を実行します。

      $ oc logs csi-cephfsplugin-provisioner-<ID> -n openshift-storage --all-containers
      $ oc logs csi-rbdplugin-provisioner-<ID> -n openshift-storage --all-containers
  • cluster-info コマンドを使用して OpenShift Container Storage ログを生成します。

    $ oc cluster-info dump -n openshift-storage --output-directory=<directory-name>
  • OpenShift Container Storage の Operator ログおよびイベントを確認します。

    • Operator ログを確認するには、以下を実行します。

      # oc logs <ocs-operator> -n openshift-storage
      <ocs-operator>
      # oc get pods -n openshift-storage | grep -i "ocs-operator" | awk '{print $1}'
    • Operator イベントを確認するには、以下を実行します。

      # oc get events --sort-by=metadata.creationTimestamp -n openshift-storage
  • OpenShift Container Storage の Operator のバージョンおよびチャネルを取得します。

    # oc get csv -n openshift-storage

    出力例:

    NAME                     DISPLAY VERSION              REPLACES
    PHASE
    ocs-operator.v4.7.2      OpenShift Container Storage  4.7.2
    Succeeded
    # oc get subs -n openshift-storage

    出力例:

    NAME          PACKAGE        SOURCE
    CHANNEL
    ocs-operator  ocs-operator   redhat-operators
    stable-4.7
  • installplan が作成されていることを確認します。

    # oc get installplan -n openshift-storage
  • OpenShift Container Storage を更新後のコンポーネントのイメージを確認します。

    • イメージが実行中であるを確認するために使用するコンポーネントの Pod があるノードを確認します。

      # oc get pods -o wide | grep <component-name>

      以下は例になります。

      # oc get pods -o wide | grep rook-ceph-operator

      出力例:

      rook-ceph-operator-566cc677fd-bjqnb 1/1 Running 20 4h6m 10.128.2.5 rook-ceph-operator-566cc677fd-bjqnb 1/1 Running 20 4h6m 10.128.2.5 dell-r440-12.gsslab.pnq2.redhat.com <none> <none>
      
      <none> <none>

      dell-r440-12.gsslab.pnq2.redhat.comnode-name です。

    • イメージ ID を確認します。

      # oc debug node/<node name>

      <node-name>

      イメージが実行中であることを確認するために使用するコンポーネントの Pod があるノードの名前です。

      # chroot /host
      # crictl images | grep <component>

      以下は例になります。

      # crictl images | grep rook-ceph

      出力例:

      IMAGE                                                     TAG
            IMAGEID          SIZE
      registry.redhat.io/ocs4/rook-ceph-rhel8-operator@sha256   <none>
            5600a36370df4    1.55GB

      IMAGEID を書き留め、これを Rook Ceph Operator ページの Digest ID にマップします。

関連資料