Menu Close

第7章 ローカルストレージ Operator デプロイメントの確認

ローカルストレージ Operator を使用する OpenShift Container Storage クラスターはローカルストレージデバイスを使用してデプロイされます。ローカルストレージデバイスを使用して既存のクラスターが OpenShift Container Storage と共にデプロイされているかどうかを確認するには、以下の手順に従います。

前提条件

  • OpenShift Container Storage が openshift-storage namespace にインストールされ、実行されている。

手順

OpenShift Container Storage クラスターの Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)に関連付けられたストレージクラスをチェックすることにより、ローカルストレージデバイスを使用してクラスターがデプロイされているかどうかを確認できます。

  1. 以下のコマンドを使用して、OpenShift Container Storage クラスターの PVC に関連付けられたストレージクラスを確認します。

    $ oc get pvc -n openshift-storage
  2. 出力を確認します。ローカルストレージ Operator を含むクラスターの場合、ocs-deviceset に関連付けられた PVC はストレージクラス localblock を使用します。出力は以下の例のようになります。

    NAME                      STATUS   VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS                  AGE
    db-noobaa-db-0            Bound    pvc-d96c747b-2ab5-47e2-b07e-1079623748d8   50Gi       RWO            ocs-storagecluster-ceph-rbd   114s
    ocs-deviceset-0-0-lzfrd   Bound    local-pv-7e70c77c                          1769Gi     RWO            localblock                    2m10s
    ocs-deviceset-1-0-7rggl   Bound    local-pv-b19b3d48                          1769Gi     RWO            localblock                    2m10s
    ocs-deviceset-2-0-znhk8   Bound    local-pv-e9f22cdc                          1769Gi     RWO            localblock                    2m10s