Menu Close

第3章 ストレージ容量のスケールアウト

ストレージ容量をスケールアウトするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • 新規ノードを追加します。
  • 新規ノードが正常に追加されたことを確認します。
  • ストレージ容量をスケールアップします。
注記

OpenShift Container Storage は異なる OSD サイズをサポートしません。

3.1. ノードの追加

既存のワーカーノードがサポートされる最大 OSD (初期設定で選択される容量の 3 OSD の増分) で実行されている場合には、ストレージの容量を増やすためにノードを追加できます。

デプロイメントのタイプに応じて、以下のいずれかの手順を選択してストレージノードを追加できます。

3.1.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのノードの追加

以下の手順で以下のインストーラーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加します。

  • AWS
  • Azure
  • Red Hat Virtualization

前提条件

  • OpenShift Container Platform (RHOCP) クラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. ComputeMachine Sets に移動します。
  2. ノードを追加する必要のあるマシンセットで、Edit Machine Count を選択します。
  3. ノード数を追加し、Save をクリックします。
  4. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  5. OpenShift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

    1. 新規ノードについて、Action menu (⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてのノードに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのノードの追加

以下の手順で AWS または VMware のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform (RHOCP) クラスターにログインしている必要があります。

手順

  1. AWS のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーまたは VMware のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにノードを追加するかどうかに応じて、以下のそれぞれの手順を実行します。

    • AWS の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規 AWS マシンインスタンスを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規 AWS マシンインスタンスを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • VMware の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで vSphere に新規の仮想マシンを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規の仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
  2. Pending 状態の OpenShift Container Storage に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

    $ oc get csr
  3. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Container Storage CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
  4. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  5. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースを使用する場合
    1. 新規ノードについて、Action Menu (⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • 以下のコマンドを実行して、OpenS+hift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

      $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
      注記

      異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてのノードに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.3. ローカルストレージデバイスを使用したノードの追加

以下の手順を使用して、以下のインフラストラクチャーにノードを追加します。

  • ベアメタル
  • IBM Power Systems
  • IBM Z または LinuxONE
  • Amazon EC2
  • VMware
  • Red Hat Virtualization
重要

Amazon EC2 のストレージノードのスケーリングはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform (RHOCP) クラスターにログインしている必要があります。
  • 3 つの OpenShift Container Platform ワーカーノードが必要です。それらのノードには、元の OpenShift Container Storage の StorageCluster の作成に使用されたものと同じストレージタイプおよびサイズ (例: 2TB SSD または 2TB NVMe) が割り当てられている必要があります。
  • 以前のバージョンの OpenShift Container Storage からアップグレードし、LocalVolumeDiscovery オブジェクトを作成していない場合は、ローカルストレージでサポートされるクラスターの更新後の設定の変更についての以下の手順に従って、これを実行します。
  • 以前のバージョンの OpenShift Container Storage からアップグレードし、デバイスの自動プロビジョニングを有効にするために LocalVolumeSet オブジェクトを作成していない場合は、ローカルストレージでサポートされるクラスターの更新後の設定の変更についての以下の手順に従って、これを実行します。

手順

  1. ベアメタル、IBM Power Systems、IBM Z もしくは LinuxONE、Amazon EC2、VMware インフラストラクチャー、または Red Hat Virtualization プラットフォームのどれにノードを追加するかどうかに応じて、以下の手順を実行します。

    • Amazon EC2 の場合

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規 Amazon EC2 I3 マシンインスタンスを作成します。「Creating a MachineSet in AWS」および「Platform requirements」を参照してください。
      2. 新規 Amazon EC2 I3 マシンインスタンスを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • VMware の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで vSphere に新規の仮想マシンを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規の仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
    • Red Hat Virtualization の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで Red Hat Virtualization に新規の仮想マシンを作成します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規の仮想マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ワーカーノードを作成します。
    • ベアメタルの場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規のベアメタルマシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規ベアメタルマシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • IBM Power Systems の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規の IBM Power マシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規 IBM Power マシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
    • IBM Z または LinuxONE の場合:

      1. 必要なインフラストラクチャーで新規の IBM Z または LinuxONE マシンを取得します。「プラットフォーム要件」を参照してください。
      2. 新規 IBM Z または LinuxONEマシンを使用して新規 OpenShift Container Platform ノードを作成します。
  2. Pending 状態の OpenShift Container Storage に関連する証明書署名要求 (CSR) の有無を確認します。

    $ oc get csr
  3. 新規ノードに必要なすべての OpenShift Container Storage CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <Certificate_Name>
  4. ComputeNodes をクリックし、新規ノードが Ready 状態にあることを確認します。
  5. 以下のいずれかを使用して、OpenShift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

    ユーザーインターフェースを使用する場合
    1. 新規ノードについて、Action Menu (⋮)Edit Labels をクリックします。
    2. cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage を追加し、Save をクリックします。
    コマンドラインインターフェースの使用
    • 以下のコマンドを実行して、OpenS+hift Container Storage ラベルを新規ノードに適用します。

      $ oc label node <new_node_name> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""
  6. OpenShift Web コンソールから、OperatorsInstalled Operators をクリックします。

    Project ドロップダウンリストから、ローカルストレージ Operator がインストールされているプロジェクトを選択してください。

  7. Local Storage をクリックします。
  8. Local Volume Discovery タブをクリックします。
  9. LocalVolumeDiscovery の横にある Action メニュー (⋮)Edit Local Volume Discovery をクリックします。
  10. YAML で、ノードセレクターの下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。
  11. Save をクリックします。
  12. Local Volume Sets タブをクリックします。
  13. LocalVolumeSet の横にある Action メニュー (⋮)Edit Local Volume Set をクリックします。
  14. YAML で、node selector の下にある values フィールドに新規ノードのホスト名を追加します。

    図3.1 新規ホスト名の追加に関する YAML

    Screenshot of YAML showing the addition of new hostnames.
  15. Save をクリックします。
注記

異なるゾーンにそれぞれ 1 つずつ、3 つのノードを追加することが推奨されます。3 つのノードを追加して、それらすべてのノードに対してこの手順を実行する必要があります。

検証手順

3.1.4. 新規ノードの追加の確認

  1. 以下のコマンドを実行して、出力で新規ノードが表示されていることを確認します。

    $ oc get nodes --show-labels | grep cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage= |cut -d' ' -f1
  2. WorkloadsPods をクリックし、新規ノード上の少なくとも以下の Pod が Running 状態にあることを確認します。

    • csi-cephfsplugin-*
    • csi-rbdplugin-*