Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.4. コアの分割

奇数のコアを必要とするシステムの場合でも、2 コアのサブスクリプションを使用する必要があります。たとえば、1 コアのみを必要とするように計算されたシステムは、登録およびサブスクライブ後に 2 コアのサブスクリプションすべてを使用します。

2 vCPU を持つ単一の仮想マシン (VM) がハイパースレッディング機能を使用し、1 vCPU が計算される場合、2 コアサブスクリプションが必要になります。単一の 2 コアサブスクリプションは、ハイパースレッディングを使用する 2 vCPU を持つ 2 仮想マシン間で分割することはできません。詳細は、コア対 vCPU およびハイパースレッディング のセクションを参照してください。

そのため、仮想インスタンスは偶数のコアを必要とするようにサイズ設定することが推奨されます。

6.4.1. IBM Power Systems の共有プロセッサープール

IBM Power Systems には、共用プロセッサープールの概念があります。共用プロセッサープール内のプロセッサーは、クラスター内のノード間で共有できます。OpenShift Container Storage に必要な集約コンピュート容量はコアのペアの倍数である必要があります。