Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.3. リソース要件

OpenShift Container Storage サービスは、ベースサービスの初期セットで設定され、追加のデバイスセットで拡張できます。これらすべての OpenShift Container Storage サービス Pod は、リソース要件 に応じて OpenShift Container Platform ノードの kubernetes によってスケジュールされます。クラスターを (障害ドメインごとに 1 ノードの)3 の倍数に拡張する方法は、Pod の配置ルール に簡単に従える方法です。

表7.1 OpenShift Container Storage のみの使用可能なリソース要件を集約します。

デプロイメントモードベースサービス追加のデバイスセット

内部

  • 30 個の CPU (論理)
  • 72 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス
  • 6 個の CPU (論理)
  • 15 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス

外部

  • 4 個の CPU (論理)
  • 16 GiB メモリー

該当なし

例: 単一デバイスセットを持つ内部モードデプロイメントの 3 ノードクラスターの場合、最小の 3 x 10 = 30 ユニットの CPU が必要です。

詳細は、6章サブスクリプション および CPU ユニット を参照してください。

OpenShift Container Storage クラスターの設計に関する追加のガイダンスは、OCS Sizing Tool を参照してください。

CPU ユニット

本セクションでは、1 CPU ユニットは Kubernetes コンセプトの 1 CPU ユニットにマップされます。

  • CPU の 1 ユニットは、ハイパースレッディングされていない CPU の 1 コアに相当します。
  • CPU の 2 ユニットは、ハイパースレッディングされている CPU の 1 コアに相当します。
  • OpenShift Container Storage コアベースのサブスクリプションは常にペア (2 コア) で提供されます。

表7.2 IBM Power Systems の最小リソース要件の集約

デプロイメントモードベースサービス

内部

  • 48 CPU (論理)
  • 192 GB メモリー
  • 3 つのストレージデバイス (それぞれに追加の 500GB ディスクが含まれる)

外部

  • 該当なし

例: 内部接続デバイスモードのデプロイメントの 3 ノードクラスターの場合、最小の 3 x 16 = 48 ユニットの CPU、および 3 x 64 = 192 GB が必要です。

7.3.1. デプロイメントリソースの最小要件 [テクノロジープレビュー]

OpenShift Container Storage クラスターは、標準のデプロイメントリソース要件を満たしていない場合に、最小の設定でデプロイされます。

表7.3 OpenShift Container Storage のみのリソース要件の集計

デプロイメントモードベースサービス

内部

  • 24 個の CPU (論理)
  • 72 GiB メモリー
  • 3 ストレージデバイス

デバイスセットを追加する場合は、最小デプロイメントを標準デプロイメントに変換することが推奨されます。

重要

最小設定での OpenShift Container Storage のデプロイはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。