Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.5.3. 容量のプランニング

使用する前に、利用可能なストレージ容量を必ず確保するようにしてください。利用可能なストレージ容量が完全に使い切られる場合はリカバリーが難しく、単に容量を追加したり、コンテンツを削除したり、移行したりするよりも多くの介入が必要になります。

容量アラートは、クラスターストレージ容量が合計容量の 75% (ほぼ一杯) および 85% (一杯) になると発行されます。容量についての警告に常に迅速に対応し、ストレージを定期的に確認して、ストレージ領域が不足しないようにします。75% (ほぼフル) に達する場合、領域を解放するか、またはクラスターを拡張します。85% (フル) アラートに達すると、ストレージ領域が完全に不足していて、標準コマンドを使用して領域を解放できないことが示唆されます。この時点で、Red Hat カスタマーポータル にお問い合わせください。

以下の表は、動的なストレージデバイスを持つ Red Hat OpenShift Container Storage のノードの設定例を示しています。

表7.5 3 つのノードで設定される初期設定の例

ストレージデバイスのサイズノードあたりのストレージデバイス合計容量利用可能なストレージ容量

0.5 TiB

1

1.5 TiB

0.5 TiB

2 TiB

1

6 TiB

2 TiB

4 TiB

1

12 TiB

4 TiB

表7.6 30 ノード (N) で拡張された設定の例

ストレージデバイスのサイズ (D)ノードごとのストレージデバイス (M)合計容量 (D * M * N)使用可能なストレージ容量 (D*M*N/3)

0.5 TiB

3

45 TiB

15 TiB

2 TiB

6

360 TiB

120 TiB

4 TiB

9

1080 TiB

360 TiB