Menu Close

4.7. バケットクラスのバッキングストアの編集

以下の手順を使用して、既存の Multicloud Object Gateway バケットクラスを編集し、バケットクラスで使用される基礎となるバッキングストアを変更します。

前提条件

  • OpenShift Web コンソールへの管理者アクセス。
  • バケットクラス。
  • バッキングストア。

手順

  1. Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。
  2. OpenShift Container Storage Operator をクリックします。
  3. Bucket Class タブをクリックします。
  4. 編集する Bucket クラスの横にあるアクションメニュー(⋮)をクリックします。

    Edit bucket class resources
  5. Edit Bucket Class Resources をクリックします。
  6. Edit Bucket Class Resources ページで、バッキングストアをバケットクラスに追加するか、またはバケットクラスからバッキングストアを削除してバケットクラスリソースを編集します。1 つまたは 2 つの層で作成されたバケットクラスリソースや、異なる配置ポリシーで編集することもできます。

    • バッキングストアをバケットクラスに追加するには、バッキングストアの名前を選択します。
    • バケットクラスからバッキングストアを削除するには、バッキングストアの名前を消去します。

      Editing backing stores for the bucket class
  7. 保存 をクリックします。