Menu Close

9.2. Google Cloud インフラストラクチャーの OpenShift Container Storage ノードへの容量の追加によるストレージのスケールアップ

以下の手順を使用して、設定された Red Hat OpenShift Container Storage ワーカーノードにストレージ容量を追加し、パフォーマンスを強化します。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Storage Platform
  • OpenShift Web コンソールの管理者権限
  • デプロイメント時にプロビジョニングされたストレージクラス以外のストレージクラスを使用してスケーリングするには、最初に追加のストレージクラスを定義します。詳細は、「ストレージクラスの作成」を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → Installed Operators をクリックします。
  3. OpenShift Container Storage Operator をクリックします。
  4. Storage Cluster タブをクリックします。
  5. 表示されるリストには 1 つの項目のみが含まれます。右端の (⋮) をクリックして、オプションメニューを拡張します。
  6. オプションメニューから Add Capacity を選択します。
  7. Storage Class を選択します。

    HDD を使用するデフォルトのストレージクラスを使用している場合は、ストレージクラスを standard に設定します。ただし、パフォーマンスを向上させるために SSD ベースのディスクを使用するようにストレージクラスを作成している場合は、ストレージクラスを選択する必要があります。

    Raw Capacity フィールドには、ストレージクラスの作成時に設定されるサイズが表示されます。OpenShift Container Storage はレプリカ数 3 を使用するため、消費されるストレージの合計量はこの量の 3 倍になります。

  8. Add をクリックし、クラスターの状態が Ready になるまで待機します。

検証手順

  • OverviewPersistent Storage タブに移動してから、Raw Capacity breakdown カードをチェックします。

    容量は選択に応じて増大することに注意してください。

    注記

    Raw 容量はレプリケーションを考慮せず、フル容量を表示します。

  • 3 つの新規 OSD およびそれらの対応する新規 PVC が作成されていることを確認します。

    • 新規作成された OSD の状態を表示するには、以下を実行します。

      1. OpenShift Web コンソールから WorkloadsPods をクリックします。
      2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。
    • Pod の状態を確認します。

      1. OpenShift Web コンソールで、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
      2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。
  • (オプション) クラスターでクラスター全体の暗号化が有効な場合には、新規 OSD デバイスが暗号化されていることを確認します。

    1. 新規 OSD Pod が実行しているノードを特定します。

      $ oc get -o=custom-columns=NODE:.spec.nodeName pod/<OSD pod name>

      以下は例になります。

      oc get -o=custom-columns=NODE:.spec.nodeName pod/rook-ceph-osd-0-544db49d7f-qrgqm
    2. 直前の手順で特定されたノードごとに、以下を実行します。

      1. デバッグ Pod を作成し、選択したホストの chroot 環境を開きます。

        $ oc debug node/<node name>
        $ chroot /host
      2. 「lsblk」を実行し、ocs-deviceset 名の横にある「crypt」キーワードを確認します。

        $ lsblk
重要

ノードまたは OSD を削除して削減するかどうかに関わらず、クラスターの削減は現時点でサポートされていません。