Menu Close

10.5. namespace バケットの管理

namespace バケットを使用すると、異なるプロバイダーのデータリポジトリーを接続できるため、単一の統合ビューを使用してすべてのデータと対話できます。各プロバイダーに関連付けられたオブジェクトバケットを namespace バケットに追加し、namespace バケット経由でデータにアクセスし、一度にすべてのオブジェクトバケットを表示します。これにより、他の複数のストレージプロバイダーから読み込む間に、希望するストレージプロバイダーへの書き込みを行うことができ、新規ストレージプロバイダーへの移行コストが大幅に削減されます。

  1. プロバイダーを Multicloud Object Gateway に接続します
  2. プロバイダーのそれぞれに namespace リソースを作成し、それらが namespace バケットに作成されるようにします。
  3. namespace リソースを namespace バケットに追加し、バケットを適切な namespace リソースからの読み込み/への書き込みを行えるように設定します。

S3 API を使用して namespace バケットのオブジェクトと対話できます。詳細は、「S3 API endpoints for objects in namespace buckets」について参照してください。

注記

namespace バケットは、このバケットの書き込みターゲットが利用可能で機能している場合にのみ使用できます。

10.5.1. プロバイダー接続の Multicloud Object Gateway への追加

Multicloud Object Gateway がプロバイダーにアクセスできるように各プロバイダーの接続を追加する必要があります。

前提条件

  • OpenShift コンソールへの管理者アクセス。

手順

  1. OpenShift コンソールで、HomeOverview をクリックし、 Object Service タブをクリックします。
  2. Multicloud Object Gateway をクリックし、プロンプトが表示されたらログインします。
  3. Accounts をクリックし、接続を追加するアカウントを選択します。
  4. My Connections をクリックします。
  5. Add Connection をクリックします。

    1. Connection Name を入力します。
    2. クラウドプロバイダーは、デフォルトで Service ドロップダウンに表示されます。別のプロバイダーを使用するように選択を変更します。
    3. クラウドプロバイダーのデフォルトエンドポイントはデフォルトで Endpoint フィールドに表示されます。必要に応じて代替エンドポイントを入力します。
    4. このクラウドプロバイダーの Access Key を入力します。
    5. このクラウドプロバイダーの Secret Key を入力します。
    6. Save をクリックします。