Menu Close

2.2. 内部モードでの OpenShift Container Storage Cluster Service の作成

以下の手順を使用して、OpenShift Container Storage Operator のインストール後に OpenShift Container Storage Cluster Service を作成します。

前提条件

  • OpenShift Container Storage は Operator Hub からインストールする必要があります。詳細は、Operator Hub を使用した OpenShift Container Storage Operator のインストールについて参照してください。
  • Google Cloud のデフォルトのストレージクラスはハードドライブ (HDD) を使用することに注意してください。パフォーマンスを向上させるためにソリッドステートドライブ (SSD) ベースのディスクを使用するには、以下の ssd-storeageclass.yaml の例に示されるように pd-ssd を使用してストレージクラスを作成する必要があります。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
     name: faster
    provisioner: kubernetes.io/gce-pd
    parameters:
     type: pd-ssd
    volumeBindingMode: WaitForFirstConsumer
    reclaimPolicy: Delete

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator をすべて表示します。

    選択された Projectopenshift-storage であることを確認します。

  3. Storage Cluster の OpenShift Container Storage > Create Instance リンクをクリックします。
  4. Mode がデフォルトで Internal に設定されます。
  5. Select capacity and nodes で、以下を実行します。

    1. Storage Class を選択します。デフォルトでは standard に設定されます。ただし、パフォーマンスを向上させるために SSD ベースのディスクを使用するようにストレージクラスを作成している場合は、ストレージクラスを選択する必要があります。
    2. ドロップダウンリストから Requested Capacity を選択します。デフォルトで、これは 2 TiB に設定されます。ドロップダウンを使用して容量の値を変更できます。

      注記

      初期ストレージ容量を選択すると、クラスターの拡張は、選択された使用可能な容量を使用してのみ実行されます(raw ストレージの 3 倍)。

    3. Select Nodes セクションで、少なくとも 3 つの利用可能なノードを選択します。

      複数のアベイラビリティーゾーンを持つクラウドプラットフォームの場合は、ノードが異なる場所/アベイラビリティーゾーンに分散されていることを確認します。

      選択したノードが集約された 30 CPU および 72 GiB の RAM の OpenShift Container Storage クラスターの要件と一致しない場合は、最小クラスターがデプロイされます。ノードの最小要件については、プランニングガイドのリソース要件セクションを参照してください。

    4. Next をクリックします。
  6. (オプション) セキュリティー設定

    1. Enable encryption チェックボックスを選択して、ブロックおよびファイルストレージを暗号化します。
    2. 1 つまたは両方の Encryption level を選択します。

      • クラスター全体の暗号化 クラスター全体(ブロックおよびファイル)を暗号化します。
      • Storage class encryption (ストレージクラスの暗号化): 暗号化対応のストレージクラスを使用して暗号化された永続ボリューム(ブロックのみ)を作成します。

        重要

        ストレージクラスの暗号化は、RBD PV でのみ利用可能なテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

        詳細は、「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

    3. Connect to an external key management service チェックボックスを選択します。これはクラスター全体の暗号化の場合はオプションになります。

      1. Key Management Service Provider はデフォルトで Vault に設定されます。
      2. Vault Service Name、Vault サーバーのホスト Address('https://<hostname または ip>')、Port number および Token を入力します。
      3. Advanced Settings を展開して、Vault 設定に基づいて追加の設定および証明書の詳細を入力します。

        1. OpenShift Container Storage 専用かつ特有のキー値のシークレットパスを Backend Path に入力します。
        2. TLS Server Name および Vault Enterprise Namespace を入力します。
        3. それぞれの PEM でエンコードされた証明書ファイルをアップロードして、CA CertificateClient Certificate およびd Client Private Key を指定します。
        4. Save をクリックします。
    4. Next をクリックします。
  7. 設定の詳細を確認します。設定を変更するには、Back をクリックして以前の設定ページに戻ります。
  8. Create をクリックします。
  9. Vault Key/Value (KV) シークレットエンジン API の場合に configmap を編集します。バージョン 2 は、鍵管理システム (KMS) のクラスター全体の暗号化に使用されます。

    1. OpenShift Web コンソールで Workloads → ConfigMaps に移動します。
    2. KMS 接続の詳細を表示するには、ocs -kms-connection-details をクリックします。
    3. configmap を編集します。

      1. Action menu(⋮)→ Edit ConfigMap をクリックします。
      2. VAULT_BACKEND パラメーターを v2 に設定します。

        kind: ConfigMap
        apiVersion: v1
        metadata:
          name: ocs-kms-connection-details
        [...]
        data:
          KMS_PROVIDER: vault
          KMS_SERVICE_NAME: vault
        [...]
          VAULT_BACKEND: v2
        [...]
      3. 保存 をクリックします。

検証手順

  1. ストレージクラスターの詳細ページで、ストレージクラスター名の横に緑色のチェックマークが表示され、クラスターが正常に作成されたことを示します。
  2. インストールされたストレージクラスターの最後の Status が緑色のチェックマークと共に Phase: Ready と表示されていることを確認します。

    • Operators → Installed Operators → Storage Cluster のリンクをクリックして、ストレージクラスターのインストールのステータスを表示します。
    • または、Operator Details タブで、Storage Cluster タブをクリックしてステータスを表示できます。
  3. OpenShift Container Storage のすべてのコンポーネントが正常にインストールされていることを確認するには、OpenShift Container Storage インストールの確認を参照してください。