Menu Close

10.8.3. OpenShift Web コンソールを使用した Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求)の作成

OpenShift Web コンソールを使用して Object Bucket Claim (オブジェクトバケット要求) を作成できます。

前提条件

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションバーで StorageObject Bucket Claims をクリックします。
  3. Create Object Bucket Claim をクリックします。

    Create Object Bucket Claims page
  4. Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求)の名前を入力し、ドロップダウンメニューから、内部または外部かのデプロイメントに応じて適切なストレージクラスとバケットクラスを選択します。

    内部モード

    Create Object Bucket Claim wizard

    デプロイメント後に作成された以下のストレージクラスを使用できます。

    • ocs-storagecluster-ceph-rgw は Ceph Object Gateway (RGW) を使用します。
    • openshift-storage.noobaa.io は Multicloud Object Gateway を使用します。

    外部モード

    Create Object Bucket Claim wizard

    デプロイメント後に作成された以下のストレージクラスを使用できます。

    • ocs-external-storagecluster-ceph-rgw は Ceph Object Gateway (RGW) を使用します。
    • openshift-storage.noobaa.io は Multicloud Object Gateway を使用します。

      注記

      RGW OBC ストレージクラスは、OpenShift Container Storage バージョン 4.5 の新規インストールでのみ利用できます。これは、以前の OpenShift Container Storage リリースからアップグレードされたクラスターには適用されません。

  5. Create をクリックします。

    OBC を作成すると、その詳細ページにリダイレクトされます。

    Object Bucket Claim Details page