Menu Close

10.4.2.5. ローカル永続ボリュームでサポートされるバッキングストアの作成

前提条件

  • Multicloud Object Gateway (MCG) コマンドラインインターフェースをダウンロードします。

    # subscription-manager repos --enable=rh-ocs-4-for-rhel-8-x86_64-rpms
    # yum install mcg
  • または、mcg パッケージを、https://access.redhat.com/downloads/content/547/ver=4/rhel---8/4/x86_64/packages にある OpenShift Container Storage RPM からインストールできます。

手順

  1. MCG コマンドラインインターフェースから、以下のコマンドを実行します。

    noobaa backingstore create  pv-pool <backingstore_name> --num-volumes=<NUMBER OF VOLUMES>  --pv-size-gb=<VOLUME SIZE> --storage-class=<LOCAL STORAGE CLASS>
    1. <backingstore_name> を、バッキングストアの名前に置き換えます。
    2. <NUMBER OF VOLUMES> を、作成するボリューム数に置き換えます。ボリュームの数を増やすと、ストレージが拡大することに注意してください。
    3. <VOLUME SIZE> を、各ボリュームに必要なサイズ (GB 単位) に置き換えます。
    4. <LOCAL STORAGE CLASS> をローカルストレージクラスに置き換えます。これは、ocs-storagecluster-ceph-rbd を使用する際に推奨されます。

      出力は次のようになります。

      INFO[0001] ✅ Exists: NooBaa "noobaa"
      INFO[0002] ✅ Exists: BackingStore "local-mcg-storage"

YAML を使用してストレージリソースを追加することもできます。

  1. 特定のバッキングストアについて以下の YAML を適用します。

    apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
    kind: BackingStore
    metadata:
      finalizers:
      - noobaa.io/finalizer
      labels:
        app: noobaa
      name: <backingstore_name>
      namespace: openshift-storage
    spec:
       pvPool:
        numVolumes: <NUMBER OF VOLUMES>
        resources:
          requests:
            storage: <VOLUME SIZE>
        storageClass: <LOCAL STORAGE CLASS>
      type: pv-pool
    1. <backingstore_name> を、バッキングストアの名前に置き換えます。
    2. <NUMBER OF VOLUMES> を、作成するボリューム数に置き換えます。ボリュームの数を増やすと、ストレージが拡大することに注意してください。
    3. <VOLUME SIZE> を、各ボリュームに必要なサイズ (GB 単位) に置き換えます。文字 G は残る必要があることに注意してください。
    4. <LOCAL STORAGE CLASS> をローカルストレージクラスに置き換えます。これは、ocs-storagecluster-ceph-rbd を使用する際に推奨されます。