Menu Close

10.5.5. Multicloud Object Gateway CLI および YAML を使用した namespace バケットの追加

namespace バケットについての詳細は、「Managing namespace bukets」を参照してください。

デプロイメントのタイプに応じて、また YAML または Multicloud Object Gateway CLI を使用するかどうかに応じて、以下の手順のいずれかを選択して namespace バケットを追加します。

10.5.5.1. YAML を使用した AWS S3 namespace バケットの追加

前提条件

手順

  1. 認証情報でシークレットを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Secret
    metadata:
    name: <namespacestore-secret-name>
    type: Opaque
    data:
    AWS_ACCESS_KEY_ID: <AWS ACCESS KEY ID ENCODED IN BASE64>
    AWS_SECRET_ACCESS_KEY: <AWS SECRET ACCESS KEY ENCODED IN BASE64>
    1. Base64 を使用して独自の AWS アクセスキー ID およびシークレットアクセスキーを指定し、エンコードし、その結果を <AWS ACCESS KEY ID ENCODED IN BASE64> および <AWS SECRET ACCESS KEY ENCODED IN BASE64> に使用する必要があります。ii.<namespacestore-secret-name> を一意の名前に置き換えます。
  2. OpenShift カスタムリソース定義 (CRD) を使用して NamespaceStore リソースを作成します。NamespaceStore は、Multicloud Object Gateway namespace バケットでデータの読み取りおよび書き込みターゲットとして使用される基礎となるストレージを表します。NamespaceStore リソースを作成するには、以下の YAML を適用します。

    apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
    kind: NamespaceStore
    metadata:
      finalizers:
      - noobaa.io/finalizer
      labels:
        app: noobaa
      name: mybucketnamespace
      namespace: k8snamespace
    spec:
      awsS3:
        secret:
          name: <namespacestore-secret-name>
          namespace: k8snamespace
        targetBucket: awsdatalake
      type: aws-s3
    1. <namespacestore-secret-name> を、手順 1 で作成したシークレットに置き換えます。
  3. namespace バケットの namespace ポリシーを定義する namespace バケットクラスを作成します。Namespace ポリシーには、single または multi の タイプが必要です。

    • タイプ single の namespace ポリシーには、以下の設定が必要です。

      apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
      kind: BucketClass
      metadata:
        labels:
          app: noobaa
        name: <my-bucket-class>
        namespace: openshift-storage
      spec:
        namespacePolicy:
          type:
          single:
            resource: <resource>

      <my-bucket-class> を一意のバケットクラス名に置き換えます。

      <resource> を namespace バケットの読み取りおよび書き込みターゲットを定義する単一の namespace-store に置き換えます。

    • タイプが multi の namespace ポリシーには、以下の設定が必要です。

      apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
      kind: BucketClass
      metadata:
        labels:
          app: noobaa
        name: <my-bucket-class>
        namespace: openshift-storage
      spec:
        namespacePolicy:
          type: Multi
          multi:
            writeResource: <write-resource>
            readResources:
            - <read-resources>
            - <read-resources>

      <my-bucket-class> を一意のバケットクラス名に置き換えます。

      write-resource を、namespace バケットの書き込みターゲットを定義する単一の namespace-store に置き換えます。

      <read-resources を、namespace バケットの読み取りターゲットを定義する namespace-stores の一覧に置き換えます。

  4. 以下のコマンドを実行して、手順 2 に定義されたバケットクラスを使用する Object Bucket Class (OBC) リソースを使用してバケットを作成します。

    apiVersion: objectbucket.io/v1alpha1
    kind: ObjectBucketClaim
    metadata:
      name: my-bucket-claim
      namespace: my-app
    spec:
      generateBucketName: my-bucket
      storageClassName: noobaa.noobaa.io
      additionalConfig:
        bucketclass: <my-bucket-class>
    1. <my-bucket-class> を直前の手順で作成したバケットクラスに置き換えます。

OBC が Operator によってプロビジョニングされると、バケットが Multicloud Object Gateway で作成され、Operator は OBC の同じ namespace 上に OBC に同じ名前でシークレットおよび ConfigMap を作成します。