Menu Close

8.3. インフラストラクチャーノードの手動作成

マシン API が環境内でサポートされない場合にのみ、ラベルはノードに直接適用される必要があります。手動作成では、OpenShift Container Storage サービスをスケジュールするために少なくとも 3 つの RHOCP ワーカーノードが利用可能であり、これらのノードに CPU およびメモリーリソースが十分にある必要があります。RHOCP サブスクリプションコストの発生を防ぐには、以下が必要です。

oc label node <node> node-role.kubernetes.io/infra=""
oc label node <node> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=""

また、NoSchedule OpenShift Container Storage テイントを追加することも、infra ノードが OpenShift Container Storage リソースのみをスケジュールし、その他の OpenShift Container Storage ワークロードを拒否できるようにするために必要です。

oc adm taint node <node> node.ocs.openshift.io/storage="true":NoSchedule
警告

ノードロール node-role.kubernetes.io/worker="" は削除しないでください。

node-role.kubernetes.io/worker="" ノードロールを削除すると、OpenShift スケジューラーおよび MachineConfig リソースの両方に変更が加えられない場合に問題が発生する可能性があります。

すでに削除されている場合は、各 infra ノードに再度追加する必要があります。node-role.kubernetes.io/infra="" ノードロールおよび OpenShift Container Storage テイントを追加するだけで、エンタイトルメント免除要件を満たすことができます。