第6章 Developer プレビュー

このセクションでは、Red Hat OpenShift Container Storage 4.7 で導入された Developer プレビュー機能について説明します。

Developer プレビュー機能は、Developer プレビューのサポート制限の対象となります。Developer プレビューのリリースは、実稼働環境で実行することは意図されていません。Developer プレビュー機能と共にデプロイしたクラスターは開発用クラスターとして考慮され、Red Hat カスタマーポータルのケース管理システムではサポートされません。Developer プレビュー機能に関してサポートが必要な場合には、ocs-devpreview@redhat.com メーリングリストに連絡してください。Red Hat Development Team のメンバーが稼働状況とスケジュールに応じて可能な限り迅速に対応します。

新規の読み取り専用のアクセスモードでのスナップショットのクローン作成または復元

Red Hat OpenShift Container Storage 4.7 では、読み取り専用 (RXO) アクセスモードでクローンを作成したり、ボリュームスナップショットを復元したりできます。詳細は、新規 ROX アクセスモードでのクローンの作成またはスナップショットの復元について参照してください。

マルチクラスターの障害復旧

Red Hat OpenShift Container Storage は、 2 つの kubernetes クラスターを提供する 2 つの Openshift Container Storage クラスター全体でのストレージボリュームのマルチクラスターの非同期レプリケーションを提供します。ステートレスアプリケーションを含むステートフルなアプリケーションには、ピアクラスターに同じものをデプロイする前に準備が必要です。

メディアタイプに基づく異なるストレージクラスの可用性

ユーザーは、クラスターで混合メディアを使用してコストを削減でき、重要なワークロードにはパフォーマンスの良いデバイスを、他のワークロードには低速なデバイスを指定できるようになりました。

柔軟なデバイス

ユーザーは、使用可能なデバイスを柔軟に判断できるようになりました。Red Hat は、開発プレビューでベアメタルのインストールへの設定変更なしに、最大 16TB のドライブサイズをサポートします。

OSD の write-ahead ロギング PVC のサポート

OpenShift Container Storage は、Bluestore の rocksdb データベースと rocksdb write-ahead ログを複数の異なるデバイスに分離する際に OSD のデプロイをサポートするようになりました。OSD の HDD でのパフォーマンスは、その最小 IOPS により、SSD と比較して低くなります。このため、ユーザーは HDD の特定の OSD のメタデータに SSD を使用してパフォーマンスを強化できます。