2.4. Red Hat OpenShift Container Storage Operator のインストール

Red Hat OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。ハードウェアおよびソフトウェアの要件に関する詳細は、『 デプロイメントのプランニング』を参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform (RHOCP) クラスターにログインしている必要があります。
  • RHOCP クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つ必要です。
注記
  • OpenShift Container Storage のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、コマンドラインインターフェースで以下のコマンドを使用し、openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます。

    $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
  • ノードに Red Hat OpenShift Container Storage リソースのみがスケジュールされるように、そのノードに infra のテイントを設定します。これにより、サブスクリプションコストを節約できます。詳細は、『ストレージリソースの管理および割り当て』ガイドの「Red Hat OpenShift Container Storage の専用ワーカーノードを使用する方法」の章を参照してください。

手順

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインで、Operators → OperatorHub をクリックします。
  2. Filter by keyword テキストボックスまたはフィルター一覧を使用して、Operator の一覧から OpenShift Container Storage を検索します。
  3. OpenShift Container Storage をクリックします。
  4. OpenShift Container Storage Operator ページで、Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで、以下のオプションがデフォルトで選択されていることを確認します。

    1. Channel を stable-4.6として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. Enable operator recommended cluster monitoring on this namespace が選択されていることを確認します。この設定はクラスターのモニタリングに必要です。
    5. 承認ストラテジーAutomatic または Manual として選択します。承認ストラテジーはデフォルトで Automatic に設定されます。

      • Approval StrategyAutomatic を選択します。

        注記

        Approval Strategy を Automatic として選択すると、新規インストール時、または OpenShift Container Storage の最新バージョンへの更新時に承認は必要ありません。

        1. インストール をクリックします。
        2. インストールが開始するまで待機します。これには、最長 20 分の時間がかかる可能性があります。
        3. Operators → Installed Operators をクリックします。
        4. Projectopenshift-storage であることを確認します。デフォルトで、プロジェクトopenshift-storage です。
        5. OpenShift Container StorageStatusSucceeded に変更するまで待機します。
      • Approval StrategyManual を選択します。

        注記

        Approval Strategy を Manual として選択すると、新規インストール時、または OpenShift Container Storage の最新バージョンへの更新時に承認が必要になります。

        1. インストール をクリックします。
        2. Manual approval required ページで、Approve または View Installed Operators in namespace openshift-storage のいずれかをクリックし、Operator をインストールできます。

          重要

          オプションのいずれかをクリックする前に、Manual approval required ページで、インストール計画がウィンドウに読み込まれるまで数分待機します。

          重要

          Approve をクリックする場合は、続行する前にインストール計画を確認する必要があります。

          • Approve をクリックします。

            • OpenShift Container Storage Operator がインストールされている間に数分待機します。
            • Installed operator - ready for use ページで、View Operator をクリックします。
            • Projectopenshift-storage であることを確認します。デフォルトで、プロジェクトopenshift-storage です。
            • Operators → Installed Operators をクリックします。
            • OpenShift Container StorageStatusSucceeded に変更するまで待機します。
          • View Installed Operators in namespace openshift-storage をクリックします。

            • Installed Operators ページで、ocs-operator をクリックします。
            • Subscription Details ページで、Install Plan リンクをクリックします。
            • InstallPlan Details ページで、Preview Install Plan をクリックします。
            • インストール計画を確認し、Approve をクリックします。
            • ComponentsStatusUnknown から Created または Present のいずれかに変更するまで待機します。
            • Operators → Installed Operators をクリックします。
            • Projectopenshift-storage であることを確認します。デフォルトで、プロジェクトopenshift-storage です。
            • OpenShift Container StorageStatusSucceeded に変更するまで待機します。

検証手順

  • OpenShift Container Storage Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。
  • View Installed Operators in namespace openshift-storage リンクをクリックし、OpenShift Container Storage Operator が Installed Operators ダッシュボードで StatusSucceeded として表示していることを確認します。