Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第12章 ボリュームのクローン作成

クローンは、標準のボリュームとして使用される既存のストレージボリュームの複製です。ボリュームのクローンを作成し、データの特定の時点のコピーを作成します。永続ボリューム要求 (PVC) は別のサイズでクローンできません。CephFS および RADOS Block Device (RBD) の両方で、PVC ごとに最大 512 のクローンを作成できます。

12.1. クローンの作成

前提条件

  • ソース PVC は Bound 状態にある必要があり、使用中の状態にすることはできません。
注記

Pod が PVC を使用している場合は、PVC のクローンを作成しません。これを実行すると、PVC が一時停止 (停止) されないため、データが破損する可能性があります。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、StoragePersistent Volume Claims をクリックします。
  2. クローンを作成するには、以下のいずれかを実行します。

    • 必要な PVC の横にある Action メニュー (⋮)Clone PVC をクリックします。
    • クローンを作成する必要のある PVC をクリックし、ActionsClone PVC をクリックします。
  3. クローンの Name を入力します。
  4. Clone をクリックします。新規 PVC の詳細ページにリダイレクトされます。

    注記

    クローンは、親 PVC のアクセスモードで作成されます。現時点で、OpenShift Web コンソール UI を使用してアクセスモードを指定することはできません。ただし、YAML を使用して CLI からアクセスモードを指定できます。詳細は、CSI ボリュームクローンのプロビジョニングについて参照してください。

  5. クローン作成された PVC のステータスが Bound になるまで待機します。

    クローン作成された PVC が Pod で使用できるようになります。このクローン作成された PVC は dataSource PVC とは切り離されています。