Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 ストレージクラスおよびストレージプール

OpenShift Container Storage Operator は、使用されるプラットフォームに応じてデフォルトのストレージクラスをインストールします。このデフォルトストレージクラスは Operator によって所有され、制御されるため、削除したり変更したりすることはできません。ただし、ストレージクラスの異なる動作が必要な場合は、カスタムストレージクラスを作成できます。

以下の機能を提供するストレージクラスにマップする複数のストレージプールを作成できます。

  • それぞれに高可用性のあるアプリケーションを有効にして、2 つのレプリカを持つ永続ボリュームを使用できるようにします。これにより、アプリケーションのパフォーマンスが向上する可能性があります。
  • 圧縮が有効にされているストレージクラスを使用して永続ボリューム要求の領域を節約します。
注記

複数のストレージクラスおよび複数のプールは、外部モード の OpenShift Container Storage クラスターではサポートされません。

注記

単一デバイスセットの最小クラスターで新規作成できるストレージクラスは、2 つだけです。ストレージクラスターを拡張するたびに、新規ストレージクラスを 2 つ追加できます。

4.1. ストレージクラスおよびプールの作成

既存のプールを使用してストレージクラスを作成するか、またはストレージクラスの作成中にストレージクラスの新規プールを作成できます。

前提条件

OpenShift Container Storage クラスターが Ready 状態にあることを確認します。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. StorageStorage Classes をクリックします。
  3. Create Storage Class をクリックします。
  4. ストレージクラスの Name および Description を入力します。
  5. Reclaim Policy について Delete または Retain のいずれかを選択します。デフォルトでは、Delete が選択されます。
  6. 永続ボリュームのプロビジョニングに使用されるプラグインである RBD Provisioner を選択します。
  7. 新規プールを作成するか、または既存プールを使用できます。

    新規プールを作成します。
    1. プールの名前を入力します。
    2. Data Protection Policy として 2-way-Replication または 3-way-Replication を選択します。
    3. データを圧縮する必要がある場合は、Enable compression を選択します。

      圧縮を有効にするとアプリケーションのパフォーマンスに影響がある可能性があり、書き込まれるデータがすでに圧縮または暗号化されている場合は効果的ではない可能性があります。圧縮を有効にする前に書き込まれたデータは圧縮されません。

    4. Create をクリックしてストレージクラスを作成します。
    5. プールの作成後に Finish をクリックします。
    6. Create をクリックしてストレージクラスを作成します。
    既存プールを使用します。
    1. 一覧からプールを選択します。
    2. Create をクリックしてプールが選択されたストレージクラスを作成します。