Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 Red Hat Virtualization での OpenShift Container Storage のデプロイ

Red Hat Virtualization のインストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー (IPI) によって提供される共有ストレージデバイスを使用して OpenShift Container Storage を OpenShift Container Platform にデプロイすると、内部クラスターリソースを作成できます。

注記

Red Hat Virtualization では、内部の Openshift Container Storage クラスターのみがサポートされます。デプロイメントの要件についての詳細は、『デプロイメントのプランニング』を参照してください。

このセクションを使用して、OpenShift Container Platform がすでにインストールされている Red Hat Virtualization インフラストラクチャーに OpenShift Container Storage をデプロイします。

ローカルストレージデバイスを使用した OpenShift Container Storage をデプロイするには、以下を実行します。

1.1. ローカルストレージデバイスを使用した OpenShift Container Storage のインストール要件

  • OpenShift Container Platform 4.6 以上のバージョンにアップグレードしてから OpenShift Container Storage 4.6 をデプロイする必要があります。詳細は、『Updating OpenShift Container Platform clusters』ガイドを参照してください。
  • ローカルストレージ Operator が Red Hat OpenShift Container Storage で完全にサポートされるために、ローカルストレージ Operator のバージョンは Red Hat OpenShift Container Platform バージョンと一致する必要があります。ローカルストレージ Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform のアップグレード時にアップグレードされません。
  • クラスターに、それぞれローカルに接続されたストレージデバイスを持つ OpenShift Container Platform ワーカーノードを 3 つ以上設定する必要があります。

    • 3 つのノードのそれぞれには、OpenShift Container Storage で使用できる raw ブロックデバイスが少なくとも 1 つ必要です。
    • 使用するデバイスは空である必要があります。ディスクには物理ボリューム (PV)、ボリュームグループ (VG)、または論理ボリューム (LV) を含めないでください。
  • ノードの最小要件については、『プランニング』ガイドの「リソース要件」セクションを参照してください。