Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

9.2. アプリケーションの使用による Multicloud Object Gateway へのアクセス

AWS S3 を対象とするアプリケーションまたは AWS S3 Software Development Kit(SDK) を使用するコードを使用して、オブジェクトサービスにアクセスできます。アプリケーションは、MCG エンドポイント、アクセスキー、およびシークレットアクセスキーを指定する必要があります。ターミナルまたは MCG CLI を使用して、この情報を取得できます。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Storage Platform
  • MCG コマンドラインインターフェースをダウンロードして、管理を容易にします。

    # subscription-manager repos --enable=rh-ocs-4-for-rhel-8-x86_64-rpms
    # yum install mcg
  • または、mcg パッケージを、Download RedHat OpenShift Container Storage ページにある OpenShift Container Storage RPM からインストールできます。

関連するエンドポイント、アクセスキー、およびシークレットアクセスキーには、以下の 2 つの方法でアクセスできます。

重要

仮想ホストスタイルを使用してクライアントアプリケーションを MCG バケットを参照するように、DNS エントリーがあることを確認します。

9.2.1. ターミナルから Multicloud Object Gateway へのアクセス

手順

describe コマンドを実行し、アクセスキー (AWS_ACCESS_KEY_ID 値) およびシークレットアクセスキー (AWS_SECRET_ACCESS_KEY 値) を含む MCG エンドポイントについての情報を表示します。

# oc describe noobaa -n openshift-storage

出力は以下のようになります。

Name:         noobaa
Namespace:    openshift-storage
Labels:       <none>
Annotations:  <none>
API Version:  noobaa.io/v1alpha1
Kind:         NooBaa
Metadata:
  Creation Timestamp:  2019-07-29T16:22:06Z
  Generation:          1
  Resource Version:    6718822
  Self Link:           /apis/noobaa.io/v1alpha1/namespaces/openshift-storage/noobaas/noobaa
  UID:                 019cfb4a-b21d-11e9-9a02-06c8de012f9e
Spec:
Status:
  Accounts:
    Admin:
      Secret Ref:
        Name:           noobaa-admin
        Namespace:      openshift-storage
  Actual Image:         noobaa/noobaa-core:4.0
  Observed Generation:  1
  Phase:                Ready
  Readme:

  Welcome to NooBaa!
  -----------------

  Welcome to NooBaa!
    -----------------
    NooBaa Core Version:
    NooBaa Operator Version:

    Lets get started:

    1. Connect to Management console:

      Read your mgmt console login information (email & password) from secret: "noobaa-admin".

        kubectl get secret noobaa-admin -n openshift-storage -o json | jq '.data|map_values(@base64d)'

      Open the management console service - take External IP/DNS or Node Port or use port forwarding:

        kubectl port-forward -n openshift-storage service/noobaa-mgmt 11443:443 &
        open https://localhost:11443

    2. Test S3 client:

      kubectl port-forward -n openshift-storage service/s3 10443:443 &
1
      NOOBAA_ACCESS_KEY=$(kubectl get secret noobaa-admin -n openshift-storage -o json | jq -r '.data.AWS_ACCESS_KEY_ID|@base64d')
2
      NOOBAA_SECRET_KEY=$(kubectl get secret noobaa-admin -n openshift-storage -o json | jq -r '.data.AWS_SECRET_ACCESS_KEY|@base64d')
      alias s3='AWS_ACCESS_KEY_ID=$NOOBAA_ACCESS_KEY AWS_SECRET_ACCESS_KEY=$NOOBAA_SECRET_KEY aws --endpoint https://localhost:10443 --no-verify-ssl s3'
      s3 ls


    Services:
      Service Mgmt:
        External DNS:
          https://noobaa-mgmt-openshift-storage.apps.mycluster-cluster.qe.rh-ocs.com
          https://a3406079515be11eaa3b70683061451e-1194613580.us-east-2.elb.amazonaws.com:443
        Internal DNS:
          https://noobaa-mgmt.openshift-storage.svc:443
        Internal IP:
          https://172.30.235.12:443
        Node Ports:
          https://10.0.142.103:31385
        Pod Ports:
          https://10.131.0.19:8443
      serviceS3:
        External DNS: 3
          https://s3-openshift-storage.apps.mycluster-cluster.qe.rh-ocs.com
          https://a340f4e1315be11eaa3b70683061451e-943168195.us-east-2.elb.amazonaws.com:443
        Internal DNS:
          https://s3.openshift-storage.svc:443
        Internal IP:
          https://172.30.86.41:443
        Node Ports:
          https://10.0.142.103:31011
        Pod Ports:
          https://10.131.0.19:6443
1
アクセスキー(AWS_ACCESS_KEY_ID 値)
2
シークレットアクセスキー(AWS_SECRET_ACCESS_KEY 値)
3
MCG エンドポイント
注記

oc describe noobaa コマンドには、利用可能な内部および外部 DNS 名が一覧表示されます。内部 DNS を使用する場合、トラフィックは無料になります。外部 DNS はロードバランシングを使用してトラフィックを処理するため、1 時間あたりのコストがかかります。