2.2. ストレージクラスター

柔軟性は、複数モード (operating modalities) 一覧の拡張によって確認されるように Red Hat OpenShift Container Storage の中心的な特徴です。本セクションでは、お使いの環境に最も適した方法を選択するのに役立つ情報を提供します。OpenShift Container Storage は OpenShift Container Platform(内で完全にデプロイすること (内部アプローチ) も、外部アプローチを使用して OpenShift Container Platform 外で実行中のクラスターからサービスを利用可能にすることもできます。

2.2.1. 内部アプローチ

Red Hat OpenShift Container Storage を Red Hat OpenShift Container Platform 内に完全にデプロイすると、Operator ベースのデプロイメントおよび管理によるすべての利点が得られます。Red Hat OpenShift Container Storage が完全に Red Hat OpenShift Container Platform 内で実行されている場合、以下の 2 つのデプロイメントモードを使用できます。

  • Simple (単純)
  • Optimized (最適化)

Simple (単純) デプロイメント

Red Hat OpenShift Container Storage サービスは、Red Hat OpenShift Container Platform の Operator によって管理されるアプリケーションと共存する形で実行されます。

Simple (単純) デプロイメントは、以下の状況で最適です。

  • OpenShift Container Storage サービスは、アプリケーションと共存する形で実行される。
  • 顧客はストレージ要件について把握していない。
  • 特定サイズのインスタンスの作成が容易ではない (ベアメタル)。

Red Hat OpenShift Container Storage がアプリケーションと共存する形で実行されるには、ローカルストレージデバイスまたはポータブルストレージデバイスがそれらに動的に接続される必要があります。たとえば、EC2 の EBS ボリューム、または VMware の vSphere Virtual Volume。

Optimized (最適化) デプロイメント

OpenShift Container Storage サービスは、Red Hat OpenShift Container Platform で管理される専用のインフラストラクチャーノードで実行されます。

最適化アプローチは、以下の場合に最も適しています。

  • OpenShift Container Storage サービスを専用のインフラストラクチャーノードで実行する
  • 顧客がストレージ要件を理解している
  • 特定サイズのインスタンスの作成が容易である (クラウド、仮想化環境など)

2.2.2. 外部アプローチ

Red Hat OpenShift Container Storage は、OpenShift Container Platform クラスター外で実行されている Red Hat Ceph Storage サービスをストレージクラスとして公開します。

以下の場合に外部アプローチが最も適しています。

  • 顧客がストレージ要件を理解している
  • 複数の OpenShift Container Platform クラスターが共通の外部クラスターからストレージサービスを使用する必要がある
  • 別のチーム(SRE、ストレージなど)はストレージサービスを提供する外部クラスターを管理する必要がある(既に存在している場合があります)
  • ニーズの規模が大きい(600 以上のストレージデバイス)。

OpenShift Container Storage Operator のインストール後に、インストールウィザードを使用して OpenShift コンソールから Storage Cluster リソースを作成するか、または内部または外部モードで手動で送信できます。