7.3. リソース要件

OpenShift Container Storage サービスは、ベースサービスの初期セットとこれに続く追加のデバイスセットで構成されます。これらの OpenShift Container Storage サービス Pod はすべて、「Pod の配置ルール」に応じて OpenShift Container Platform ノードの kubernetes によってスケジュールされます。

表7.1 リソース要件の集約

デプロイメントモードベースサービス追加のデバイスセット

内部

  • 30 CPU(論理)
  • 72 GB メモリー
  • 3 ストレージデバイス
  • 6 CPU(論理)
  • 15 GB メモリー
  • 3 ストレージデバイス

外部

  • 4 CPU(論理)
  • 16 GB メモリー

該当なし

CPU ユニット

本セクションでは、1 CPU ユニットは Kubernetes コンセプトの 1 CPU ユニットにマップされます。

  • CPU の 1 ユニットは、ハイパースレッディングされていない CPU の 1 コアに相当します。
  • CPU の 2 ユニットは、ハイパースレッディングされている CPU の 1 コアに相当します。
  • OpenShift Container Storage のコアベースのサブスクリプションは常にペア(2 コア)で提供されます。

例: 単一デバイスセットを持つ 3 ノードクラスターの場合、最小の 3 x 10 = 30 ユニットの CPU が必要です。CPU の 30 ユニットは 15 コアに相当し、これは Red Hat OpenShift Container Storage(2 コア)の ~8 サブスクリプションに相当します。

詳細は、6章サブスクリプション CPU ユニットについて参照してください。