5.2. プロキシー環境

プロキシー環境は、インターネットへの直接アクセスを拒否し、代わりに利用可能な HTTP または HTTPS プロキシーを提供する実稼働環境です。Red Hat Openshift Container Platform は、既存クラスターのプロキシーオブジェクトを変更するか、または新規クラスターについて install-config.yaml ファイルでプロキシーを設定してプロキシーを使用するように設定されます。

Red Hat では、OpenShift Container Platform がクラスター全体のプリキシーの設定に応じて設定されている場合に、プロキシー環境での Openshift Container Storage バージョン 4.5 以上のデプロイメントをサポートします。