7.4. Pod の配置ルール

Kubernetes は、宣言型の配置ルールに基づいて Pod の配置を行います。内部クラスターについての OpenShift Container Storage ベースサービスの配置ルールは、以下のように要約できます。

  • ノードには cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage キーのラベルが付けられます。
  • ノードは、擬似障害ドメインに分類されます (何も存在しない場合)。
  • 高可用性が必要なコンポーネントは障害ドメインに分散されます。
  • ストレージデバイスはそれぞれの障害ドメインでアクセスできる必要があります。

これにより、少なくとも 3 つのノードがあり、既存のトポロジーラベルが存在する場合にノードは 3 つの異なるラックまたはゾーン障害ドメインにある必要があります。

追加のデバイスセットについては、3 つの障害ドメインのそれぞれにストレージデバイスがあり、Pod が消費するのに十分なリソースが必要になります。手動の配置ルールはデフォルトの配置ルールを上書きするのに使用できますが、通常この方法はベアメタルのデプロイメントにのみ適しています。