第2章 OpenShift Container Storage のアーキテクチャー

Red Hat OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform のサービスを提供し、Red Hat OpenShift Container Platform から内部で実行できます。

Red Hat OpenShift Container Storage アーキテクチャー

Red Hat OpenShift Container Storage アーキテクチャー

Red Hat OpenShift Container Storage は、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー、またはユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー でデプロイされる Red Hat OpenShift Container Platform クラスターへのデプロイメントをサポートします。これら 2 つの方法については、OpenShift Container Platform のインストールプロセスについて参照してください。

OpenShift Container Platform のアーキテクチャーおよびライフサイクルについての詳細は、『OpenShift Container Platform アーキテクチャー』を参照してください。

2.1. Operator

Red Hat OpenShift Container Storage は主に 3 つの Operator で構成されており、管理タスクとカスタムリソースをコード化し、タスクおよびリソースの特性をより簡単に自動化できるようにします。管理者はクラスターの必要な最終状態を定義し、OpenShift Container Storage Operator は管理者の介入を最小限に抑えてクラスターをその状態にするか、またはその状態に近づけるようにします。

OpenShift Container Storage (OCS) Operator

他の Operator を特定のテストされた方法で利用してサポートされている Red Hat OpenShift Container Storage デプロイメントの推奨事項および要件を定め、実施するメタ Operator。この Operator は、Rook-Ceph および NooBaa Operator によって提供されるリソースをラップするストレージクラスターリソースを提供します。

Rook-Ceph Operator

この Operator は、永続ストレージおよびファイル、ブロックおよびオブジェクトサービスのパッケージ化、デプロイメント、管理、アップグレード、およびスケーリングを自動化します。これは、すべての環境用にブロックおよびファイルストレージクラスを作成し、オンプレミス環境でオブジェクトストレージクラスおよびサービスオブジェクトバケット要求を作成します。

さらに、内部モードクラスターの場合、以下を表すデプロイメントおよびサービスを管理する Ceph クラスターリソースを提供します。

  • オブジェクトストレージデーモン (OSD)
  • モニター (MON)
  • マネージャー (MGR)
  • メタデータサーバー (MDS)
  • オブジェクトゲートウェイ (RGW): オンプレミスの場合のみ

NooBaa Operator

この Operator は、Multicloud Object Gateway オブジェクトサービスのパッケージ化、デプロイメント、管理、アップグレード、およびスケーリングを自動化します。これは、オブジェクトストレージクラスおよびサービスオブジェクトバケット要求を作成します。

さらに、これは NooBaa クラスターリソースを提供します。このクラスターリソースは、NooBaa コア、データベースおよびエンドポイントのデプロイメントとサービスを管理します。