第1章 Red Hat OpenShift Container Storage の概要

Red Hat OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform のクラウドストレージおよびデータサービスの集合です。これは、単純なデプロイメントおよび管理を容易に実行するために、Red Hat OpenShift Container Platform サービスカタログで利用可能な Operator としてパッケージ化されています。

Red Hat OpenShift Container Storage サービスは、主にストレージクラスを使用してアプリケーションで使用できます。Red Hat OpenShift Container Storage は、以下のコンポーネントを表すストレージクラスを提供します。

  • ブロックストレージデバイス。主にデータベースのワークロードに対応します。主な例には、Red Hat OpenShift Container Platform のロギングおよびモニタリング、および PostgreSQL などがあります。
  • 共有および分散ファイルシステム。主にソフトウェア開発、メッセージング、およびデータ集約のワークロードに対応します。これらの例には、Jenkins ビルドソースおよびアーティファクト、Wordpress のアップロードコンテンツ、Red Hat OpenShift Container Platform レジストリー、および JBoss AMQ を使用したメッセージングが含まれます。
  • Multicloud オブジェクトストレージ。複数のクラウドオブジェクトストアからのデータの保存および取得を抽象化できる軽量 S3 API エンドポイントを特長としています。
  • オンプレミスオブジェクトストレージ。主にデータ集約型アプリケーションをターゲットとする数十ペタバイトおよび数十億のオブジェクトにスケーリングする堅牢な S3 API エンドポイントを特長としています。これらの例には、Spark、Presto、Red Hat AMQ Streams (Kafka) などのアプリケーションや、TensorFlow や Pytorch などのマシンラーニングフレームワークを使用した行、列、および半構造化データの保存およびアクセスが含まれます。

Red Hat OpenShift Container Storage バージョン 4.x は、以下を含むソフトウェアプロジェクトのコレクションを統合します。

  • Ceph。ブロックストレージ、共有および分散ファイルシステム、およびオンプレミスのオブジェクトストレージを提供します。
  • Ceph CSI。永続ボリュームおよび要求のプロビジョニングおよびライフサイクルを管理します。
  • NooBaa。Multicloud Object Gateway を提供します。

OpenShift Container Storage、Rook-Ceph、および Noobaa Operator。OpenShift Container Storage サービスを初期化し、管理します。