第7章 インフラストラクチャーの要件

7.1. プラットフォーム要件

Red Hat OpenShift Container Storage は、OpenShift Container Storage バージョンより 1 マイナーリリース前または先の OpenShift Container Platform リリースと組み合わせることができます。

OpenShift Container Storage 4.5 は以下で実行できます。

  • OpenShift Container Platform 4.4 (1 バージョン前)(内部モードの場合のみ)
  • OpenShift Container Platform 4.5 (同じバージョン)
  • OpenShift Container Platform 4.6 (1 バージョン先)

外部クラスターの場合、OpenShift Container Platform バージョン 4.5 以降は Red Hat OpenShift Container Storage 4.5 をデプロイするために必要です。外部クラスターのサブスクリプション要件については、この Red Hat ナレッジベースアーティクルを参照してください。

サポートされているプラットフォームのバージョンについての詳細の一覧は、「Red Hat OpenShift Container Storage and Red Hat OpenShift Container Platform interoperability matrix」を参照してください。

7.1.1. Amazon EC2

内部 Red Hat Openshift Container Storage クラスターのみをサポートします。

内部クラスターは、ストレージデバイスの要件を満たし、以下のいずれかを提供するストレージクラスがなければなりません。

  • EBS ストレージ (aws-ebs プロビジョナー経由)
  • インスタンスストレージ (ローカルストレージ Operator 経由)

7.1.2. Azure [テクノロジープレビュー]

内部 Red Hat Openshift Container Storage クラスターのみをサポートします。

内部クラスターは、ストレージデバイスの要件 を満たし、以下を提供するストレージクラスがなればなりません。

  • Azure ディスク (azure-disk プロビジョナー経由)

7.1.3. ベアメタル

内部クラスターをサポートし、外部クラスターの使用をサポートします。

内部クラスターは、ストレージデバイスの要件 を満たし、ローカルストレージ Operator 経由でローカル SSD(NVMe/SATA/SAS、SAN)を提供するストレージクラスがなければなりません。

7.1.4. Google Cloud [テクノロジープレビュー]

内部 Red Hat Openshift Container Storage クラスターのみをサポートします。

内部クラスターは、ストレージデバイスの要件 を満たし、以下を提供するストレージクラスがなればなりません。

  • GCE Persistent Disk (gce-pd プロビジョナー経由)

7.1.5. VMware

内部クラスターをサポートし、外部クラスターの使用をサポートします。

推奨されるバージョン: vSphere 6.7、Update 2

詳細は、「VMware vSphere インフラストラクチャーの要件」を参照してください。

さらに、内部クラスターはストレージデバイスの要件を満たし、以下のいずれかを提供するストレージクラスがなければなりません。

  • vSAN または VMFS データストア (vsphere-volume プロビジョナー経由)
  • VMDK、RDM、または DirectPath ストレージデバイス (Local Storage Operator 経由)