第8章 非接続環境

非接続環境は、Operator Lifecycle Manager (OLM) がインターネット接続が必要なデフォルトの Operator Hub およびイメージレジストリーにアクセスできないネットワークが制限された環境です。

Red Hat は、OpenShift Container Platform がネットワークが制限された環境にインストールされる非接続環境での OpenShift Container Storage のデプロイメントをサポートします。

注記

OpenShift Container Storage をネットワークが制限された環境でインストールする場合、デフォルトでインターネット接続が OpenShift Container Platform で想定され、chronyd が *.rhel.pool.ntp.org サーバーを使用するように設定されるため、カスタム Network Time Protocol (NTP) 設定をノードに適用します。詳細は、Red Hat ナレッジベースアーティクル および「Configuring chrony time service」を参照してください。

詳細は、「Preparing to deploy OpenShift Container Storage in disconnected environments」を参照してください。