第4章 ストレージノードのスケーリング

OpenShift Container Storage のストレージ容量を内部モードでスケーリングするには、以下のいずれかを実行できます。

  • ストレージノードのスケールアップ: 既存の Red Hat OpenShift Container Storage ワーカーノードに対してストレージ容量を追加します。
  • ストレージノードのスケールアウト: ストレージ容量を含む新規ワーカーノードを追加します。

外部モードでストレージをスケーリングするには、Red Hat Ceph Storage のドキュメントを参照してください。

4.1. ストレージノードのスケーリングの要件

ストレージノードをスケーリングする前に、以下のセクションを参照して、特定の Red Hat OpenShift Container Storage インスタンスのノード要件を把握してください。

重要

常にストレージ容量が十分にあることを確認してください。

ストレージが完全に一杯になると、容量を追加したり、ストレージからコンテンツを削除したり、コンテンツを移動して領域を解放することはできません。一杯になったストレージを回復することは容易ではありません。

容量アラートは、クラスターストレージ容量が合計容量の 75%(ほぼ一杯)および 85% (一杯) になると発行されます。容量についての警告に常に迅速に対応し、ストレージを定期的に確認して、ストレージ領域が不足しないようにします。

ストレージ領域が不足する場合は、Red Hat カスタマーポータルにお問い合わせください。

4.1.1. Red Hat OpenShift Container Storage のサポートされるデプロイメント

  • ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー:

    • Amazon Web Services (AWS)
    • VMware
    • ベアメタル
  • インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャー:

    • Amazon Web Services (AWS)