7.7. エンドポイントの追加による Multicloud Object Gateway パフォーマンスのスケーリング

Multicloud Object Gateway のパフォーマンスは環境によって異なる場合があります。特定のアプリケーションでは、高速なパフォーマンスを必要とする場合があり、これは S3 エンドポイントをスケーリングして簡単に対応できます。これはテクノロジープレビュー機能です。

Multicloud Object Gateway リソースプールは、デフォルトで有効にされる 2 種類のサービスを提供する NooBaa デーモンコンテナーのグループです。

  • ストレージサービス
  • S3 エンドポイントサービス
重要

エンドポイントの追加による Multicloud Object Gateway パフォーマンスのスケーリングは、テクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

詳細は、「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

7.7.1. Multicloud Object Gateway での S3 エンドポイント

S3 エンドポイントは、すべての Multicloud Object Gateway がデフォルトで提供するサービスであり、これは Multicloud Object Gateway で負荷の高いデータ消費タスクの大部分を処理します。エンドポイントサービスは、データチャンク、重複排除、圧縮、および暗号化を処理し、Multicloud Object Gateway からのデータ配置の指示を受け入れます。

7.7.2. ストレージノードを使用したスケーリング

前提条件

  • Multicloud Object Gateway へのアクセスのある実行中の OpenShift Container Storage Platform

Multicloud Object Gateway のストレージノードは 1 つ以上の永続ボリュームに割り当てられた NooBaa デーモンコンテナーであり、ローカルオブジェクトサービスデータストレージに使用されます。NooBaa デーモンは Kubernetes ノードにデプロイできます。これは、StatefulSet Pod で構成される Kubernetes プールを作成して実行できます。

手順

  1. Mult-Cloud Object Gateway ユーザーインターフェースの Overview ページで、 Add Storage Resources をクリックします。

    MCG add storage resources button
  2. ウィンドウから Deploy Kubernetes Pool をクリックします。

    MCG deploy kubernetes pool
  3. Create Pool 手順で、今後インストールされるノードのターゲットプールを作成します。

    MCG deploy kubernetes pool create pool
  4. Configure 手順で、要求される Pod 数と各 PV のサイズを設定します。新規 Pod ごとに、1 つの PV が作成されます。

    MCG deploy kubernetes pool configure
  5. Review 手順で、新規プールの詳細を検索し、ローカルまたは外部デプロイメントのいずれかの使用するデプロイメント方法を選択します。ローカルデプロイメントが選択されている場合、Kubernetes ノードはクラスター内にデプロイされます。外部デプロイメントが選択されている場合、外部で実行するための YAML ファイルが提供されます。
  6. すべてのノードは最初の手順で選択したプールに割り当てられ、ResourcesStorage resourcesResource name の下で確認できます。

    MCG storage resources overview