7.4. ハイブリッドおよびマルチクラウドバケットのデータのミラーリング

Multicloud Object Gateway (MCG) は、クラウドプロバイダーおよびクラスター全体にまたがるデータの処理を単純化します。

前提条件

次に、データ管理ポリシー(ミラーリング)を反映するバケットクラスを作成します。

手順

ミラーリングデータは、以下の 3 つの方法で設定できます。

7.4.1. MCG コマンドラインインターフェースを使用したデータのミラーリング用のバケットクラスの作成

  1. MCG コマンドラインインターフェースから以下のコマンドを実行し、ミラーリングポリシーでバケットクラスを作成します。

    $ noobaa bucketclass create mirror-to-aws --backingstores=azure-resource,aws-resource --placement Mirror
  2. 新たに作成されたバケットクラスを新規のバケット要求に設定し、2 つのロケーション間でミラーリングされる新規バケットを生成します。

    $ noobaa obc create  mirrored-bucket --bucketclass=mirror-to-aws

7.4.2. YAML を使用したデータのミラーリング用のバケットクラスの作成

  1. 以下の YAML を適用します。この YAML は、ローカル Ceph ストレージと AWS 間でデータをミラーリングするハイブリッドの例です。

    apiVersion: noobaa.io/v1alpha1
    kind: BucketClass
    metadata:
      name: hybrid-class
      labels:
        app: noobaa
    spec:
      placementPolicy:
        tiers:
          - tier:
              mirrors:
                - mirror:
                    spread:
                      - cos-east-us
                - mirror:
                    spread:
                      - noobaa-test-bucket-for-ocp201907291921-11247_resource
  2. 以下の行を標準の Object Bucket Claim (オブジェクトバケット要求、OBC) に追加します。

    additionalConfig:
      bucketclass: mirror-to-aws

    OBC についての詳細は、「Object Bucket Claim(オブジェクトバケット要求)」を参照してください。

7.4.3. ユーザーインターフェースを使用したデータミラーリングを行うためのバケットの設定

  1. OpenShift Storage コンソールで、OverviewObject Service → に移動し、noobaa リンクを選択します。

    MCG オブジェクトサービス noobaa リンク
  2. 左側の buckets アイコンをクリックします。バケットの一覧が表示されます。

    MCG noobaa バケットアイコン
  3. 更新するバケットを選択します。
  4. Edit Tier 1 Resources をクリックします。

    MCG edit tier 1 resources
  5. Mirror を選択し、このバケットに使用する関連リソースを確認します。以下の例では、prem Ceph RGW と AWS 間でデータのミラーリングをします。

    MCG mirror relevant resources
  6. Save をクリックします。
注記

NooBaa UI で作成されたリソースは、OpenShift UI または MCG CLI では使用できません。