2.4. Red Hat OpenShift Container Storage Operator のインストール

Red Hat OpenShift Container Storage は、Red Hat OpenShift Container Platform Operator Hub を使用してインストールできます。ハードウェアおよびソフトウェアの要件に関する詳細は、『 デプロイメントのプランニング』を参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform (OCP) クラスターにログインしている必要があります。
  • OCP クラスターにワーカーノードが少なくとも 3 つ必要です。
注記

OpenShift Container Storage のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、コマンドラインインターフェースで以下のコマンドを使用し、 openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定できます。

$ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=

手順

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインで、Operators → OperatorHub をクリックします。

    図2.1 Operator Hub の Operator 一覧

    OpenShift Web コンソールの Operator Hub の Operator 一覧のスクリーンショット。
  2. OpenShift Container Storage をクリックします。

    Filter by keyword テキストボックスまたはフィルター一覧を使用して、Operator の一覧から OpenShift Container Storage を検索できます。

  3. OpenShift Container Storage Operator ページで、Install をクリックします。

    図2.2 Install Operator ページ

    Screenshot of Install Operator page.
  4. Install Operator ページで、以下のオプションが選択されていることを確認します。

    1. Channel を stable-4.5として更新します。
    2. Installation Mode オプションに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace PR openshift-storage を選択します。namespace openshift-storage が存在しない場合、これは Operator のインストール時に作成されます。
    4. Enable operator recommended cluster monitoring on this namespace が選択されていることを確認します。これはクラスターのモニタリングに必要です。
    5. Approval Strategy に Automatic を選択します。
  5. Install をクリックします。

    図2.3 Installed Operators ダッシュボード

    インストールされた Operator のスクリーンショット。

検証手順

  • OpenShift Container Storage Operator の Status が Installed Operators ダッシュボードで Succeeded と表示されることを確認します。