2.6. 利用可能なストレージデバイスの検索

以下の手順を使用して、PV を作成する前に、OpenShift Container Storage ラベル cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage='' でラベルを付けた 3 つ以上のノードのそれぞれのデバイス名を特定します。

手順

  1. OpenShift Container Storage ラベルの付いたノードの名前の一覧を表示し、確認します。

    $ oc get nodes -l cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=

    出力例:

    NAME        STATUS   ROLES    AGE    VERSION
    compute-0   Ready    worker   106m   v1.18.3+2cf11e2
    compute-1   Ready    worker   106m   v1.18.3+2cf11e2
    compute-2   Ready    worker   106m   v1.18.3+2cf11e2
  2. OpenShift Container Storage リソースに使用される各ノードにログインし、利用可能な各 raw ブロックデバイスの一意の by-id デバイス名を見つけます。

    $ oc debug node/<Nodename>

    出力例:

    $ oc debug node/compute-0
    Starting pod/compute-0-debug ...
    To use host binaries, run `chroot /host`
    Pod IP: 10.1.50.36
    If you don't see a command prompt, try pressing enter.
    sh-4.2# chroot /host
    sh-4.4# lsblk
    NAME                         MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
    sda                            8:0    0   120G  0 disk
    |-sda1                         8:1    0   384M  0 part /boot
    |-sda2                         8:2    0   127M  0 part /boot/efi
    |-sda3                         8:3    0     1M  0 part
    `-sda4                         8:4    0 119.5G  0 part
      `-coreos-luks-root-nocrypt 253:0    0 119.5G  0 dm   /sysroot
    nvme0n1                      259:0    0   1.5T  0 disk

    この例では、compute-0 の利用可能なローカルデバイスは nvme0n1 です。

  3. 手順 2 で選択した各デバイスの一意の ID を特定します。

    sh-4.4#
    ls -l /dev/disk/by-id/ | grep nvme0n1
    lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Aug 19 06:41 nvme-Dell_Express_Flash_NVMe_P4610_1.6TB_SFF_PHLN951601QF1P6AGN -> ../../nvme0n1
    lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Aug 19 06:41 nvme-eui.01000000010000005cd2e4895e0e5251 -> ../../nvme0n1

    上記の例では、ローカルデバイス 'nvme0n1' の ID は以下になります。

    nvme-eui.01000000010000005cd2e4895e0e5251
  4. 上記の手順を繰り返し、OpenShift Container Storage で使用されるストレージデバイスを持つその他のすべてのノードのデバイスID を特定します。詳細は、ナレッジベースアーティクルを参照してください。