1.3. 内部モードでの OpenShift Container Storage Cluster Service の作成

この手順を使用して、OpenShift Container Storage Operator のインストール後に OpenShift Container Storage Cluster Service を作成します。

前提条件

手順

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインで Operators → Installed Operators をクリックし、インストールされた Operator を表示します。

    図1.4 OpenShift Container Storage Operator ページ

    Screenshot of OpenShift Container Storage operator dashboard.
  2. Installed Operators ページで、インストールされた OpenShift Container Storage Operator の Provided APIs 列で Storage Cluster リンクをクリックします。

    図1.5 Storage Cluster タブ

    Screenshot of Storage Cluster tab on OpenShift Container Storage Operator dashboard.
  3. Create OCS Cluster Service をクリックします。

    図1.6 Create Storage Cluster ページ

    Screenshot of Create Cluster Service page where you can select mode of deployment.
  4. デフォルトでは、Select Mode に Internal が選択されています。
  5. Nodes セクションでは、OpenShift Container Storage サービスを使用するために、利用可能な一覧から 3 つ以上の ワーカーノードを選択します。

    高可用性を確保するために、ワーカーノードは 3 つの異なる物理ノード、ラック、障害ドメインに分散することが推奨されます。

    注記
    • クラスターで特定のワーカーノードを見つけるには、Name または Label に基づいてノードをフィルターできます。

      • Name では、ノード名で検索できます。
      • Label では、事前に定義されたラベルを選択して検索できます。
    • vCenter の非アフィニティーを使用して OpenShift Container Storage のラックラベルをデータセンターの物理ノードおよびラックラベルに合わせて調整し、同じ物理シャーシに 2 つのワーカーノードがスケジュールされないようにします。

    ノードの最小要件については、『プランニング』ガイドの「リソース要件」セクションを参照してください。

  6. Storage Class は、VMware ではデフォルトで thin に設定されます。
  7. ドロップダウンリストから OCS Service Capacity を選択します。

    注記

    初期ストレージ容量を選択すると、クラスターの拡張は、選択された使用可能な容量を使用してのみ実行されます (raw ストレージの 3 倍)。

  8. Create をクリックします。

    Create ボタンは、3 つのノードを選択した後にのみ有効になります。選択したノードごとに、3 つのストレージデバイスを持つ新しいストレージクラスターが作成されます。デフォルト設定では、レプリケーション係数 3 を使用します。

検証手順