6.2. Google Cloud インフラストラクチャーの OpenShift Container Storage ノードへの容量の追加によるストレージのスケールアップ

以下の手順を使用して、設定された Red Hat OpenShift Container Storage ワーカーノードにストレージ容量を追加し、パフォーマンスを強化します。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Storage Platform
  • OpenShift Web コンソールの管理者権限

手順

  1. OpenShift Web コンソールに移動します。
  2. 左側のナビゲーションバーの Operators をクリックします。
  3. Installed Operators を選択します。
  4. ウィンドウで、OpenShift Container Storage Operator をクリックします。

    ocs installed operators
  5. 上部のナビゲーションバーで、右にスクロールし、Storage Cluster タブをクリックします。

    OCS Storage Cluster の概要
  6. 表示されるリストには 1 つの項目のみが含まれます。右端の (⋮) をクリックして、オプションメニューを拡張します。
  7. オプションメニューから Add Capacity を選択します。

    OCS add capacity dialog gcp

    ダイアログボックスから、要求される追加容量およびストレージクラスを設定できます。Add capacity には、インストール時に選択された容量が表示され、容量はこの増分値でのみ追加できます。HDD を使用するデフォルトのストレージクラスを使用している場合は、ストレージクラスを standard に設定します。ただし、パフォーマンスを向上させるために SSD ベースのディスクを使用するようにストレージクラスを作成している場合は、ストレージクラスを選択する必要があります。

    注記

    効果的にプロビジョニングされる容量については、OpenShift Container Storage はレプリカ数の 3 を使用するため、Raw Capacity フィールドに入力する値の 3 倍の値にします。

  8. 設定が終了したら、Add をクリックします。ストレージクラスターが Ready 状態になるまでに数分待機する必要がある場合があります。

検証手順

  1. OverviewPersistent Storage タブに移動してから、Capacity breakdown カードをチェックします。

    ocs add capacity expansion verification capacity card aws
  2. 容量は選択に応じて増大することに注意してください。
重要

OpenShift Container Storage 4.2 の時点では、OSD またはノードの縮小によるクラスターの削減はサポートされていません。