第5章 OpenShift Container Storage を使用した OpenShift Container Platform アプリケーションのサポート

OpenShift Container Platform のインストール時に OpenShift Container Storage を直接インストールすることはできません。ただし、Operator Hub を使用して OpenShift Container Platform を既存の OpenShift Container Platform にインストールし、OpenShift Container Platform アプリケーションを OpenShift Container Storage でサポートされるように設定することができます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform がインストールされ、OpenShift Web コンソールへの管理者アクセスがある。
  • OpenShift Container Storage が openshift-storage namespace にインストールされ、実行されている。

手順

  1. OpenShift Web コンソールで、以下のいずれかを実行します。

    • Workloads → Deployments をクリックします。

      Deployments ページで、以下のいずれかを実行できます。

      • 既存のデプロイメントを選択し、Action メニュー (⋮) から Add Storage オプションをクリックします。
      • 新規デプロイメントを作成してからストレージを追加します。

        1. Create Deployment をクリックして新規デプロイメントを作成します。
        2. 要件に基づいて YAML を編集し、デプロイメントを作成します。
        3. Create をクリックします。
        4. ページ右上の Actions ドロップダウンメニューから Add Storage を選択します。
    • Workloads → Deployment Configs をクリックします。

      Deployment Configs ページで、以下のいずれかを実行できます。

      • 既存のデプロイメントを選択し、Action メニュー (⋮) から Add Storage オプションをクリックします。
      • 新規デプロイメントを作成してからストレージを追加します。

        1. Create Deployment Config をクリックし、新規デプロイメントを作成します。
        2. 要件に基づいて YAML を編集し、デプロイメントを作成します。
        3. Create をクリックします。
        4. ページ右上の Actions ドロップダウンメニューから Add Storage を選択します。
  2. Add Storage ページで、以下のオプションのいずれかを選択できます。

    • Use existing claim オプションをクリックし、ドロップダウンリストから適切な PVC を選択します。
    • Create new claim オプションをクリックします。

      1. Storage Class ドロップダウンリストから適切な CephFS または RBD ストレージクラスを選択します。
      2. Persistent Volume Claim (永続ボリューム要求、PVC) の名前を指定します。
      3. ReadWriteOnce (RWO) または ReadWriteMany (RWX) アクセスモードを選択します。

        注記

        ReadOnlyMany (ROX) はサポートされないため、非アクティブになります。

      4. 必要なストレージ容量のサイズを選択します。

        注記

        Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)の作成後にストレージ容量のサイズを変更することはできません。

  3. コンテナー内のマウントパスボリュームのマウントパスとサブパス(必要な場合)を指定します。
  4. Save をクリックします。

検証手順

  1. 設定に応じて、以下のいずれかを実行します。

    • Workloads → Deployments をクリックします。
    • Workloads → Deployment Configs をクリックします。
  2. 必要に応じてプロジェクトを設定します。
  3. ストレージを追加したデプロイメントをクリックして、デプロイメントの詳細を表示します。
  4. Volumes までスクロールダウンし、デプロイメントに、割り当てた Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)に一致する Type があることを確認します。
  5. Persistent Volume Claim(永続ボリューム要求、PVC)の名前をクリックし、PersistenVolumeClaim Overview ページでストレージクラス名を確認します。