3.2. OpenShift Container Storage クラスターが正常であることの確認

永続ストレージダッシュボードを使用して OpenShift Container Storage クラスターの正常性を確認できます。詳細は、『OpenShift Container Storage のモニタリング』を参照してください。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Home → Overview をクリックし、Persistent Storage タブをクリックします。

    Status カード で、以下の画像のように OCS Cluster に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

    図3.1 Persistent Storage Overview Dashboard の Health status カード

    永続ストレージダッシュボードの Health カードのスクリーンショット

    Details カード で、以下のようにクラスター情報が適切に表示されていることを確認します。

    図3.2 Persistent Storage Overview Dashboard の Details カード

    永続ストレージダッシュボードの Details カードのスクリーンショット

3.2.1. Multicloud Object Gateway が正常であることの確認

オブジェクトサービスダッシュボードを使用して、OpenShift Container Storage クラスターの正常性を確認できます。詳細は、『OpenShift Container Storage のモニタリング』を参照してください。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Home → Overview をクリックし、Object Service タブをクリックします。

    Status カード で、以下のように Multicloud Object Gateway (MCG) ストレージに緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

    図3.3 Object Service Overview Dashboard の Health status カード

    Object Service ダッシュボードの Health カードのスクリーンショット

    Details カード で、MCG 情報が以下のように適切に表示されることを確認します。

    図3.4 Object Service Overview Dashboard の Details カード

    Object Service ダッシュボードの Details カードのスクリーンショット

3.2.2. ストレージクラスが作成され、一覧表示されることの確認

ストレージクラスが作成され、以下のように一覧表示されていることを確認できます。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Storage → Storage Classes をクリックします。

    以下の 3 つのストレージクラスが OpenShift Container Storage クラスターの作成時に作成されることを確認します。

    • ocs-storagecluster-ceph-rbd
    • ocs-storagecluster-cephfs
    • openshift-storage.noobaa.io
    ocs verifying create storage class