4.2. OpenShift Container Storage からの OpenShift Container Platform レジストリーの削除

このセクションでは、OpenShift Container Storage から OpenShift Container Platform レジストリーをクリーンアップします。代替ストレージを設定する必要がある場合は、https://access.redhat.com/documentation/en-us/openshift_container_platform/4.4/html-single/registry/architecture-component-imageregistry を参照してください。

OpenShift Container Platform レジストリーの設定の一部として作成される PVC は openshift-image-registry namespace に置かれます。

前提条件

  • イメージレジストリーは OpenShift Container Storage PVC を使用するように設定されている必要があります。

手順

  1. configs.imageregistry.operator.openshift.io オブジェクトを編集し、storage セクションのコンテンツを削除します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io
    • AWS の場合:

      編集前

      .
      .
      storage:
        pvc:
          claim: registry-cephfs-rwx-pvc
      .
      .

      編集後

      .
      .
      storage:
      .
      .

      この例では、PVC は registry-cephfs-rwx-pvc と呼ばれ、これは安全に削除できます。

    • VMware およびベアメタルの場合:

      編集前

      .
      .
      storage:
        pvc:
          claim: registry-cephfs-rwx-pvc
      .
      .

      編集後

      .
      .
      storage:
        emptyDir: {}
      .
      .

      この例では、PVC は registry-cephfs-rwx-pvc と呼ばれ、これは安全に削除できます。

  2. PVC を削除します。

    $ oc delete pvc <pvc-name> -n openshift-image-registry --wait=true --timeout=5m