2.3. 利用可能なストレージデバイスの検索

以下の手順に従って、ベアメタル、Amazon EC2 I3、または VMware ストレージデバイス用に PV を作成する前に、OpenShift Container Storage ラベル cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage='' が付いた 3 つ以上のワーカーノードのそれぞれのデバイス名を特定します。

手順

  1. OpenShift Container Storage ラベルの付いたワーカーノードの名前の一覧を表示し、確認します。

    $ oc get nodes -l cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=

    出力例:

    NAME                                        STATUS   ROLES    AGE     VERSION
    ip-10-0-135-71.us-east-2.compute.internal    Ready    worker   6h45m   v1.16.2
    ip-10-0-145-125.us-east-2.compute.internal   Ready    worker   6h45m   v1.16.2
    ip-10-0-160-91.us-east-2.compute.internal    Ready    worker   6h45m   v1.16.2
  2. OpenShift Container Storage リソースに使用される各ワーカーノードにログインし、利用可能な各 raw ブロックデバイスの一意の by-id デバイス名を見つけます。

    $ oc debug node/<Nodename>

    出力例:

    $ oc debug node/ip-10-0-135-71.us-east-2.compute.internal
    Starting pod/ip-10-0-135-71us-east-2computeinternal-debug ...
    To use host binaries, run `chroot /host`
    Pod IP: 10.0.135.71
    If you don't see a command prompt, try pressing enter.
    sh-4.2# chroot /host
    sh-4.4# lsblk
    NAME                         MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
    nvme1n1                      259:0    0   2.3T  0 disk
    nvme2n1                      259:1    0   2.3T  0 disk
    nvme0n1                      259:2    0   120G  0 disk
    |-nvme0n1p1                  259:3    0   384M  0 part /boot
    |-nvme0n1p2                  259:4    0   127M  0 part /boot/efi
    |-nvme0n1p3                  259:5    0     1M  0 part
    `-nvme0n1p4                  259:6    0 119.5G  0 part
      `-coreos-luks-root-nocrypt 253:0    0 119.5G  0 dm   /sysroot

    この例では、利用可能なローカルデバイスは nvme0n1 および nvme1n1 です。

  3. 各デバイスのハードウェアシリアル番号に応じて、一意の by-id デバイス名を見つけます。

    sh-4.4#  ls -l /dev/disk/by-id/ | grep Storage
    lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Jun 26 07:29 nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS1924C57D4F1FC5236 -> ../../nvme2n1
    lrwxrwxrwx. 1 root root 13 Jun 26 07:29 nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS22ABDB45A3BC9028F -> ../../nvme1n1

    この例では、利用可能なローカルデバイスは nvme0n1 および nvme1n1 (サイズは 2.3 TiB) です。

    OpenShift Container Storage ラベルが付けられた各ワーカーノード(最小 3 つ)については、固有の by-id デバイス名を見つける必要があります。この例では、by-id デバイス名は以下のようになります。

    • nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS10382E5D7441494EC
    • nvme-Amazon_EC2_NVMe_Instance_Storage_AWS60382E5D7441494EC
注記

OpenShift Container Storage で使用されるストレージデバイスを持つその他のすべてのノードについて、デバイス名 by-id の検索を繰り返し実行する必要があります。詳細は、https://access.redhat.com/solutions/4928841 を参照してください。