第2章 ローカルストレージデバイスを使用した OpenShift Container Storage のデプロイ

このセクションでは、OpenShift Container Platform がすでにインストールされているベアメタル、Amazon EC2 ストレージ最適化 I3、および VMware インフラストラクチャーに OpenShift Container Storage をデプロイします。

重要

ローカルストレージ Operator を使用した Amazon EC2 ストレージ最適化 I3 インスタンスへの OpenShift Container Storage のインストールはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。Red Hat OpenShift Container Storage デプロイメントでは、3 つのワーカーノードでアプリケーションや他のワークロードが実行されていない状態の新規クラスターが想定されます。アプリケーションは追加のワーカーノードで実行する必要があります。

ローカルストレージデバイスを使用して OpenShift Container Storage をデプロイするには、以下の手順を実行します。

2.1. ローカルストレージデバイスを使用した OpenShift Container Storage のインストール要件

  • クラスターに、それぞれローカルで割り当てられたストレージデバイスを持つ OpenShift Container Platform ワーカーノードを 3 つ以上設定する必要があります。

    • 3 つのワーカーノードのそれぞれには、OpenShift Container Storage で使用できる raw ブロックデバイスが少なくとも 1 つ必要です。
    • ノードの最小の初期要件は、『プランニング』の「ノード要件」のセクションを参照してください。
    • 使用するデバイスは空である必要があります。つまり、ディスクに PV、VG、または LV は残さないでください。
  • 3 つ以上のラベルが付けられたノードが必要です。

    • OpenShift Container Storage によって使用されるローカルストレージデバイスを持つ各ワーカーノードには、OpenShift Container Storage Pod をデプロイするための特定のラベルが必要です。ノードにラベルを付けるには、以下のコマンドを使用します。

      $ oc label nodes <NodeName> cluster.ocs.openshift.io/openshift-storage=''
  • ストレージプロバイダーはストレージノードでローカルにマウントされたストレージを管理することはできません。これが許可されると、Red Hat OpenShift Container Storage のローカルストレージ Operator の使用との競合が生じます。
  • ローカルストレージ Operator のバージョンは、ローカルストレージ Operator が Red Hat OpenShift Container Storage で完全にサポートされるようにするために Red Hat OpenShift Container Platform のバージョンと一致している必要があります。ローカルストレージ Operator は、Red Hat OpenShift Container Platform のアップグレード時にアップグレードされません。