Menu Close

2.4. OpenShift Container Storage デプロイメントの検証

このセクションを使用して、OpenShift Container Storage が正常にデプロイされていることを確認します。

2.4.1. Pod の状態の確認

OpenShift Container Storage が正常にデプロイされているかどうかを判別するために、Pod の状態が running であることを確認できます。

手順

  1. OpenShift Web コンソールの左側のペインから Workloads → Pods をクリックします。
  2. Project ドロップダウンリストから openshift-storage を選択します。

    各コンポーネントについて予想される Pod 数や、Pod の量がノード数や OSD 数によってどのように異なるかについての詳細は、表2.1「3 つのワーカーノードからなるクラスターのストレージコンポーネントに対応する Pod」 を参照してください。

    注記

    OpenShift Container Storage のクラスター全体でのデフォルトノードセレクターを上書きする必要がある場合は、コマンドラインインターフェースで以下の手順を実行できます。

    1. openshift-storage namespace の空のノードセレクターを指定します。

      $ oc annotate namespace openshift-storage openshift.io/node-selector=
    2. DaemonSets によって生成される元の Pod を削除します。

      oc delete pod -l app=csi-cephfsplugin -n openshift-storage
      oc delete pod -l app=csi-rbdplugin -n openshift-storage
  3. Running および Completed タブをクリックして、以下の Pod が実行中および完了状態にあることを確認します。

    表2.1 3 つのワーカーノードからなるクラスターのストレージコンポーネントに対応する Pod

    コンポーネントPod の数Pod の名前

    以下のコンポーネントについて確認する必要のある Pod の数:

    OpenShift Container Storage Operator

    1

    ocs-operator-*

    Rook-ceph Operator

    1

    rook-ceph-operator-*

    Multicloud Object Gateway

    4

    • noobaa-operator-*
    • noobaa-core-*
    • nooba-db-*
    • noobaa-endpoint-*

    Mon

    3

    • rook-ceph-mon-*
    • rook-ceph-mon-*
    • rook-ceph-mon-*

      (異なるノード上)

    rook-ceph-mgr

    1

    rook-ceph-mgr-* (ストレージノード上)

    MDS

    2

    rook-ceph-mds-ocs-storagecluster-cephfilesystem-* (異なるストレージノードにある 2 Pod)

    lib-bucket-provisioner

    1

    lib-bucket-provisioner--* (任意のノード上)

    CSI の Pod 数は、ストレージノードとして選択されるノードの数によって異なります(最小 3 ノード)。

    CSI

    10

    • cephfs (5 Pod 以上)

      • csi-cephfsplugin-* (ストレージが消費される各ノードに 1 つ、つまり異なるノード上の 3 Pod)
      • csi-cephfsplugin-provisioner-* (使用可能な場合、異なるストレージノード上の 2 Pod)
    • rbd (合計 5 Pod 以上)

      • csi-rbdplugin-* (ストレージが消費される各ノードに 1 つ、つまり異なるノード上に 3 Pod)
      • csi-rbdplugin-provisioner-* (使用可能な場合、異なるストレージ上の 2 Pod)

    rook-ceph-drain-canary

    3

    rook-ceph-drain-canary-* (3 Pod、つまり各ストレージノードに 1 つ)

    rook-ceph-crashcollector

    3

    rook-ceph-crashcollector-* (3 pods)

    OSD の数は、StorageCluster の各 StorageDeviceSet に定義される Count および Replica によって異なります。

    OSD

    6

    • rook-ceph-osd-* (複数の異なるノードに 3 Pod)
    • rook-ceph-osd-prepare-ocs-deviceset-* (複数の異なるノードに 3 Pod)

2.4.2. OpenShift Container Storage クラスターが正常であることの確認

永続ストレージダッシュボードを使用して OpenShift Container Storage クラスターの正常性を確認できます。詳細は、『OpenShift Container Storage のモニタリング』を参照してください。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Home → Overview をクリックし、Persistent Storage タブをクリックします。

    Status カード で、以下の画像のように OCS Cluster に緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

    図2.8 Persistent Storage Overview ダッシュボードの Health status カード

    永続ストレージダッシュボードの Health カードのスクリーンショット

    Details カード で、以下のようにクラスター情報が適切に表示されていることを確認します。

    図2.9 Persistent Storage Overview ダッシュボードの Details カード

    永続ストレージダッシュボードの Details カードのスクリーンショット

2.4.3. Multicloud Object Gateway が正常であることの確認

オブジェクトサービスダッシュボードを使用して、OpenShift Container Storage クラスターの正常性を確認できます。詳細は、『OpenShift Container Storage のモニタリング』を参照してください。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Home → Overview をクリックし、Object Service タブをクリックします。

    Status カード で、以下のように Multicloud Object Gateway (MCG) ストレージに緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。

    図2.10 Object Service Overview ダッシュボードの Health status カード

    Object Service ダッシュボードの Health カードのスクリーンショット

    Details カード で、MCG 情報が以下のように適切に表示されることを確認します。

    図2.11 Object Service Overview ダッシュボードの Details カード

    Object Service ダッシュボードの Details カードのスクリーンショット

2.4.4. ストレージクラスが作成され、一覧表示されることの確認

以下のようにストレージクラスが作成され、一覧表示されることを確認できます。

  • OpenShift Web コンソールの左側のペインから Storage → Storage Classes をクリックします。

    以下の 3 つのストレージクラスが OpenShift Container Storage クラスターの作成時に作成されることを確認します。

    • ocs-storagecluster-ceph-rbd
    • ocs-storagecluster-cephfs
    • openshift-storage.noobaa.io
    ocs verifying create storage class